<脚トレ編>ジムでよく見かける間違いだらけのマシンエクササイズ

 

ジムでの筋トレに欠かせないマシンエクササイズ、その中で天童トレーナーがよく見る“間違い”を指摘

マシンエクササイズは、ジムに通う女性にとっては欠かせない筋力トレーニングのメニューです。ただし、フリーウエイトと違ってなかなかインストラクターの正しい指導が受けられないのも事実。そこで、パーソナルトレーナーの天童愛ゆ美さんに“正しいマシンエクササイズ”のやり方を紹介していただきました。

今回はトレーニングでよくある間違いを見ていきます!

天童 愛ゆ美 (てんどう あゆみ)さん
5月10日神奈川県生まれ。ゴールドジム公認パーソナルトレーナー。
ボディビルディング2007年東アジア選手権大会52kg級2位
アジア選手権大会52kg級3位、
’07年、’08年日本選手権大会9位、
’08年ジャパンオープン選手権大会優勝、’08年ジャパンオープン選手権大会優勝、’08年東京選手権大会優勝ほか入賞歴多数

 

太もものシェイプアップに最適!

レッグエクステンション

ココに効かせる!大腿四頭筋(太もも前部)

レッグエクステンションは、マシンに座った状態で膝を支点にして、足を前方に上下させる動作により大腿四頭筋の強化を目指す下半身トレーニングです。太ももの引き締め、脂肪燃焼、太ももラインの調整などに効果があります。

姿勢は力まず自然に胸を開いて上半身を固定

グリップは力を入れ過ぎない程度に握る

つま先は床に立っているときと同じ角度

反りすぎないこと!

※つま先を反り過ぎると、筋肉を効かせる場所が変わってしまうので注意!

足幅は、握りこぶし一つ分程度の間隔に

股関節から膝、足首、つま先が真っ直ぐのラインを描くように意識しましょう。足幅を広げ過ぎたり、足先が外側に広がったり、逆に内股になってもいけません。

膝が真っ直ぐになるまで挙げる!

ここは一番キツいところですが、一番効くところなのでしっかり最後まで挙げることが大切!最後のひと押しが一番筋肉に刺激を与えるので、途中で下ろすのはNG。もし、最後まで挙げられないなら、少し強度を落として再トライ!

次のページ:レッグカールでの間違い

ピックアップ記事

関連記事一覧