<胸トレ編>ジムでよく見かける間違いだらけのマシンエクササイズ

ジムでの筋トレに欠かせないマシンエクササイズ、その中でパーソナルトレーナーの天童さんがよく見る“間違い”を指摘!“正しいマシンエクササイズ”のやり方を紹介していただきました。

今回はトレーニングでよくある間違いを見ていきます!

天童 愛ゆ美 (てんどう あゆみ)さん
5月10日神奈川県生まれ。ゴールドジム公認パーソナルトレーナー。
ボディビルディング2007年東アジア選手権大会52kg級2位
アジア選手権大会52kg級3位、
’07年、’08年日本選手権大会9位、
’08年ジャパンオープン選手権大会優勝、’08年ジャパンオープン選手権大会優勝、’08年東京選手権大会優勝ほか入賞歴多数

胸の筋肉を鍛えてバストアップ!

チェストプレス

ココに効かせる! 大胸筋、三角筋前部、上腕三頭筋

チェストプレスは、ベンチプレスに比べて安全性が高いので女性にも好まれるトレーニングです。主な効果は女性の場合、バストアップ矯正上半身のラインを美しく仕上げます。

シートの間に隙間ができるように

横から見たとき、背中がカーブを描きながらシートに寄りかかり、シートの間に隙間ができるように胸を前に突き出します。

胸を張る

肩に余計な力みを入れず、背筋を伸ばして、シートの深い位置に座ります。そして動作に入る前から胸を張っておきます。

力み過ぎたり、バーを押し過ぎたりして、背中が丸くなっては意味がありません。肩に力が入り過ぎると、肘が上がってしまうので注意しましょう。

シートは適度な高さに調整する

こぶしが胸の高さにくるような位置にシートを調整します。

シートの位置が低すぎると肘が上がってしまうので注意。

指先の方だけで握らない

手を開いたときに手首に近い部分の、一番厚い箇所をグリップに付けるように握ります。


指先の方だけで握らないようにします。

 

取材・文_福島知好
撮影_北岡一浩

Woman’sSHAPE vol.06 掲載

 

ピックアップ記事

関連記事一覧