田中慧さん

コンテスト womens

腹筋をバキバキに仕上げた38歳・公務員 ボディコンテスト初出場にして優勝に輝く  

田中慧さん6月22日(土)、愛媛県・松山市総合コミュニティセンターにて『ベストボディ・ジャパン2024松山大会』が開催され、田中慧(たなか・けい/38)さんが、フィットネスモデル部門のレディースクラスで優勝し、ベストボディ・ジャパン部門のレディースクラスでは3位に輝いた。

【写真】田中慧さんのバキバキ腹筋&背筋(ビキニショットあり)

鍛え抜かれた腹筋が美しい田中さんは、ボディコンテスト初出場で、グランプリを獲得した。

「普段からあまり緊張する方ではないのですが、ボディコンテストは初めてだったので、ステージでは少し緊張していました。自己反省では、規定ポーズやウォーキングに課題があるように感じたので、改善していきたいと思います。大会に出場したことで、色々な方とのつながりもでき、とても楽しかったです」

田中さんがボディメイクをするきっかけとなったのは、ボディコンテストに出ている女性たちの肉体美だったそうだ。

「選手さんたちの身体を目にして、素直に『きれいだなぁ』と思いました。そして『自分も鍛えたら、身体は変化するのかな?』と思い、トレーニングを開始!自分もボディコンテストに出てみたくなり、お世話になっているトレーナーさんに相談したところ、ベストボディ・ジャパンをお勧めされたので、今回、大会に初挑戦することにしたのです」

公務員をしている田中さんは、「できる範囲で、できることをしていました」と語る。

「トレーニングは週に3~4回、60~90分ほど行っています。部位分けは、脚とお尻、背中と肩or腕、胸と肩。トレーナーさんに言われたことを素直に実行しています。トレーニング期間は約4カ月程。自分でもここまで身体が変わると思いませんでした。よく褒められる腹筋は、すき間時間に、上部・中部・下部と分けて鍛えています」

減量期間中のトレーニーを悩ませがちな「誰かが美味しそうに食べるのを見るのが辛い問題」は、田中さんにとってはご褒美にあたるそうだ。

「減量期間は、2カ月半くらい。減量食は、探り探りで進めました。自分が食べた物によって、どのような反応をするかを調べていたので、人体実験のようで楽しかったです。終盤は作業のようになっていましたが、食欲が爆発することもなく、問題なく過ごせました。美味しそうな食べ物を見つけたら、友だちにプレゼントして『食レポ』をお願いしています。友だちが美味しそうに食べている姿を見ていると、こちらまで満たされた気分になるので、辛くはありませんでした」

「筋肉ムキムキのカンガルーが目標!」と話す、田中さんの鍛えられた美ボディが評価されるステージは多いだろう。

「昨日より今日、今日より明日、1秒前よりも今の自分が、常にバージョンアップされている『最新の自分』を、更新し続けたいと考えています。未来の自分を後悔させたくないので、やれることは、今、この瞬間にやりたいと思うのです。ボディメイクのきっかけとなったボディコンテストの大会出場に向けて、これからも頑張ります!」

次ページ:田中慧さんのバキバキ腹筋&背筋(ビキニショットあり)

取材・撮影:山口夏織

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-コンテスト, womens
-,