華麗な表現力で筋肉美コンテスト優勝のピラティスインストラクター

鍛えられた肉体美、美しく磨かれた健康美をエンターテイメントとして、より格好よく、より美しく楽しめるイベントとして開催されているSuper Body Contest。今年は全15大会を予定しており、6月20日(日)には「Super Body Contest SAITAMA 07」が埼玉会館で開催された。その中で「フリーポーズ&演技」で最もインパクトがあり特に自己アピールが印象的で表現力が高くステージングとしての完成度が高かった男女1名ずつに贈られるBest Performance Ladies’に輝いた神門尚美選手。じつはピラティスのインストラクターをされているそう。今回はそんな神門選手を15の質問でご紹介していきます。

取材:FITNESS LOVE編集部 写真提供:Super Body Contest事務局

▶【写真】神門尚美選手

神門尚美

トレーニングをはじめたきっかけは?

主人が教わっているパーソナルトレーナーとの出会い。

ボディコンテストにでたきっかけ

そのトレーナーから「出てみない?」と誘っていただきました。

なぜSBCに出場しようと思ったのですか?

選手ファーストで丁寧なフィードバックをいただけることと、選手がワクワクするような企画があるからです。

学生時代にやっていたスポーツ

水泳、陸上

現在の職業

ピラティスインストラクター、セラピスト

お仕事との両立

専業主婦からトレーニングを始め、当時は人との関わりを避けていましたが、身体が変わり気持ちも前向きになり、ピラティスインストラクターの資格を取り、スタジオを持つまでとなりました。お客様も増え、主婦業に仕事となかなかトレーニングの時間を取ることが難しいですが、隙間時間で両立をしています。

ご家族の反応

何も言わずに応援してくれています。

普段のトレーニングメニュー

部位別にローテーションで、特に上半身メインでしています。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

骨格で肩幅が狭いので、肩のアウトライン、背中、嫌いな有酸素も取り入れました。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

ズバリ、減量。食べる事が大好きなので、1番辛いです。周りの人に辛いと甘えてました(笑)。応援して貰ったり、メダルを獲るイメージを作っていました。

トレーニングをしていて良かったこと

身体も心も変われた。トレーニング仲間が増えた。

トレーニングでこだわっていること

短時間で、効率よく。

食事でこだわっていること

身体が喜ぶ食事。

コンテストに出て良かったこと

性別や年齢を超えて、仲間が増えたこと。

今後の大会での目標

今回、monarchで1位、トレンド3位、パフォーマンス賞を頂きましたが、やはり、総合優勝、グランプリです。クリスタルを目指したいです。


神門尚美
1973年10月20日生まれ
身長:163.5㎝
入賞歴:2021Super Body Contest SAITAMA00 monarch 2位
2021Super Body Contest SAITAMA07 monarch 優勝
Best Performance Ladies’受賞

トレーニング以外の趣味:ない事に最近気づきました(笑)
好きな食べ物:三笠饅頭、おはぎ、さつま芋、自身で作った餃子、韓国料理
嫌いな食べ物:あまりないです。

【関連記事】
▶50歳で大会出場を決意!引き締まった脚線美で総合チャンピオンに

ボディコンテスト関連記事

ピックアップ記事

関連記事一覧