早朝5時からの筋トレ!自衛官が掴んだボディコンテスト優勝

マッスルゲート東北が7月3日(土)に宮城・仙台国際センターにて初開催。220名以上もの選手がエントリーし、レベルの高い大会となった。人気カテゴリーメンズフィジークでは、メンズフィジーク172cm以下新人の部、メンズフィジーク172cm以下一般の部で千葉大介選手が優勝した。自衛官で朝の5時頃から出勤前にトレーニングしている千葉大介選手のかっこいい身体をご覧ください。

▶千葉大介選手の大会写真はこちら

トレーニングをはじめたきっかけ

いつまでも子ども達にカッコいいパパと思われたいと考えて

ボディコンテストにでたきっかけ

これまでのボディメイクの成果を客観的に評価してもらいたいと思ったため

なぜマッスルゲートに出場したのか

有名で大きな大会なので、凄い選手と競えると考えたため

学生時代にやっていたスポーツ

陸上短距離(400m走)

現在の職業

自衛官

お仕事との両立

朝の5時頃から出勤前にトレーニングしています。

ご家族の反応

最初は特に興味が無さそうでしたが、今回の入賞で応援してくれるようになりました。

普段のトレーニングメニュー

胸と三頭、肩、背中と二頭、足の四分割を基本的にオフなしで回しています。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

とにかく使用重量を落とさないことを意識、もし落ちた場合はボリュームを増やして行いました。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

ケガでトレーニングが出来ない時期があったこと。
すぐに回復にメンタルを切り換えて、二週間くらい素直に休みました。食事には気をつけていたので、筋量の減少もほぼなくむしろ疲労も抜けて調子が良くなりました。

トレーニングをしていて良かったこと

毎日の生活に張りがある、メンタルが安定する。

トレーニングでこだわっていること

怪我をしない限界までの可動域の追求

食事でこだわっていること

体重×2グラムのタンパク質摂取、揚げ物はもれなく衣を剥がして食べること。

コンテストに出て良かったこと

これまでのトレーニングが間違っていなかったという自信につながりました。

今後の大会での目標

ゴールドジムジャパンカップ入賞

▶大会写真

大人気!フォトギャラリー

ピックアップ記事

関連記事一覧