美しすぎる筋肉!レギンスが似合う日本一の身体決定戦の若きチャンピオン

※黄野春霞選手

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり新宿住友ビル三角広場にて開催された。その中でひときわ目を引くボディラインを披露したのが黄野春霞選手。インストラクターとして指導する傍ら、自分の身体の“見せ方、見え方”を意識しトレーニングに励んだ結果、見事日本一レギンスが似合う身体の称号を手に入れた。

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

ウーマンズレギンス 163cm超級優勝 黄野春霞選手

優勝の感想

実感がありません!昨年は応援をする側で、自分がそこに立つことは想像もしていませんでした。控え室では他の選手の凄さに圧倒されていました。しかし、自分の今までやってきた事が一つの形になったと思うととても嬉しいですし、何より、インストラクターとしてこのレギンスという種目にこだわりを持っていた為、このカテゴリーで優勝できたことも嬉しいです。

ジャパンカップに出場した理由

たまたまウーマンズレギンスというカテゴリーを知ったことがきっかけです。今まで大会のお誘いを受けることは多々ありましたが、インストラクターとしてのキャリアアップを目指していた私はお断りをしていました。しかし、このウーマンズレギンスというカテゴリーは、私がインストラクターとして着用するウェアでもありますし、インストラクターとしての表現力を磨くのに、凄く良い経験ができると思い、出場を決めました。

ジャパンカップまでの道のりには、どんなことがあったか

社会人になった年で、体力的にも精神的にも全然トレーニングが出来なくなり、不安な毎日でした。ジャパンカップの1カ月前のマッスルゲートが初めての大会で、右も左も分からない状態でしたが、学生時代所属していたバーベルクラブの先輩や先生、職場の先輩のサポートがあり、そんな誰よりも恵まれた環境の中で、色々試しながら乗り越えることが出来ました。

競技をすることで得られた変化

黄野春霞選手

以前は、筋肉質な身体をコンプレックスに思っていたこともありましたが、この身体に誇りを持つことが出来る様になったことが1番の変化です。さらに、職場のフィットネスクラブのお客様から、私のようになりたいと言っていただけて、自信が持てるようになりました。また、見え方、見せ方を意識したトレーニングをするようになり、トレーニングの質が圧倒的に上がりました。

普段の仕事と行っている競技の両立について

勤務時間が安定せず、体力を使う仕事であり、通勤時間も長いため、両立にはとても悩みました。しかし、その中で出来ることを考え工夫しようと気持ちを切り替えられたのは、優勝につながっていると思います。特に、その日にトレーニングを行うベストな場所とタイミングを1週間ごとに計画を立ててやっていました!

トレーニング、食事に対するこだわり

こだわりは、インストラクターとして、過度な偏った減量にならないようにすることです。食事の量は減らさないで中身を変える。糖質はタイミングを工夫。当たり前のことかもしれませんが、不安になるとつい糖質を減らしたくなります。だからこそ、これを大切にしています。一般の方にも勧められるような、健康的な減量が出来るように、いろいろと試しながら行っています。

今後の目標

この結果に相当する知識をつけ、チャンピオンらしいトレーニングを出来るように、これからさらに頑張っていきたいと思っています。
ゴールドジムジャパンカップ》関連記事

ピックアップ記事

関連記事一覧