オフは体重104kg!若きマッスル消防士のバルクをつくったトレーニングとは?

齋藤勇貴選手のバルキーな肉体美

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり新宿住友ビル三角広場にて開催された。ここではクラシックフィジーク178cm超級6位、ボディビル75超級で3位となった宮城県出身のマッスル消防士・齋藤勇貴選手をご紹介。20代の若きコンペティターに身体づくりについて聞いた。

【写真】宮城県出身のマッスル消防士・齋藤勇貴選手

―ーまずはトレーニングをはじめたきっかけを教えてください。
「同じゴールドジムに通っていた高田晃志さんに憧れてはじめました」

ーークオリファイを得た選手だけで競われるゴールドジムJAPAN CUPですが、挑戦しようと思った理由はなんですか?
「全国の強い選手達と戦いたかったからです」

コンパウンド種目中心で高頻度!?

ーー大会に向けてどのようなトレーニングをしましたか?
「コンパウンド種目中心の高頻度トレーニングをしました」

ーー多関節種目を高頻度とはハードですね。食事はどうでしょうか?
「あまり偏り過ぎず、極力普通の食事に近づけるようにしました」

ーー筋量がある斎藤選手ですが、つらかったことや苦労したことはありますか?
「減量がとても下手で、大会に良いコンディションをなかなか持っていけなくてもどかしい思いをしました。それは現在もそうです。経験を積んで自分に合った方法を見つけていくしかないのかなと思っています」

ーー今回は3位という結果でした。2022年の大会の目標を教えてください。
「JBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)主催大会、日本クラス別選手権での入賞です」

ーーご活躍期待しております。最後にトレーニングをしていて良かったこと、大会に出場してよかったことを教えてください。
「トレーニングをすることで生きる理由ができました。また、大会に出場することで、一選手として、一トレーニーとして、一人の人間として、成長できました」

(取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介)

次ページ:齋藤勇貴選手のバルキーな肉体美

トレーニング関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧