元甲子園球児が立った筋肉頂上決戦の表彰台

河瀬寛三選手

河瀬寛三選手

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり開催された。ここではメンズフィジーク176cm超級3位、クラシックフィジーク175cm超級3位となった河瀬寛三選手にトレーニングのこだわりや食事法などを聞いた。

【写真】河瀬寛三選手のバキバキに割れた腹筋

河瀬寛三選手

ーートレーニングをはじめたきっかけを教えてください。
「高校3年に甲子園出場という夢を叶え、他にやりたいことがなくなってしまったので、昔から憧れてたマッチョを目指すことにして本格的にトレーニングを始めました」

ーー普段のトレーニングメニューは決まっていますか?
「月曜日は胸・三頭、火曜日は背中・二頭、水曜日は肩、木曜日は腕、金曜日は脚、土曜日は弱点部位もしくはやりたいところ、日曜日はオフorやりたいところです」

ーーゴールドジムJAPAN CUPに向けての特別に何かしましたか?
「減量末期でもデカくなる!という気持ちを持ってトレーニングしました!」

ーートレーニングをしていて辛かったことはありますか?
「トレーニングが好きなので辛いと感じたことはないです。むしろ好きなことをできる幸せを感じます」

ーートレーニングをしていて良かったことを教えてください。
「常に前向きな思考になれるし、何よりストレス発散になります!」

ーー食事でこだわっていることはありますか?
「ストレスを感じるものは食べない!美味しく!幸せに!」

ーー大会に出場してよかったことは何ですか?
「自分の身体のレベルも知れたし、さらに上の身体もこの目で確かめられたこと」

ーー最後に2022年の大会目標を教えてください。
「8月のJBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)が開催する大会で、クラシックフィジーク175cm以上級で優勝することです!そしてジャパンオープンに出ます!」

(取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介)

次ページ:河瀬寛三選手のバキバキに割れた腹筋写真を含むポーズ写真3枚

ピックアップ記事

関連記事一覧