【新刊情報】IRONMAN10月号 短期間でつくるかっこいい身体

アイアンマン2020年10月号は、9月12日(土)発売!

[特別インタビュー]横川尚隆「最速を叶える失敗学」

昨今の日本ボディビル界で「短期間での成長力」を語るに避けては通れないのが、キャリア5年目にして前年度覇者であり、IFBBエリートプロとなった横川尚隆選手である。今は、芸能活動を主軸にしながらも、その身体はプロボディビルダーとしてすさまじい進化を遂げ続けている。今回は2014年のフィジーク初出場から日本ボディビル界を駆け抜けた5年間にわたる横川選手の快進撃を振り返ることで、最速たる所以を探る。

短期間でつくるかっこいい身体 激変! ブラッシュアップ!

トレーニングを継続していくと、いずれは身体に顕著な変化が見られなくなったり、使用重量も頭打ちになったりするものだ。そうした中、競技で活躍するトップ選手たちはどのようにして短期間で激変、ブラッシュアップしていったのか。

“筋肉アイドル” 才木玲佳「マッスルゲートに挑戦します」

筋肉アイドルとして、そして女子プロレスラーとして活躍する才木玲佳選手が11月21日に開催されるマッスルゲート東京大会に出場することになった。出場するカテゴリーは女子フィジーク。マッスルゲート東京を上位通過して11月29日のゴールドジムジャパンカップへの出場を狙う。減量もポージングも今回が初めてとなる才木選手に挑戦への経緯と現在の心境を聞いた。

オードリー春日×鈴木雅
特別パーソナル指導で初・中級者から脱却へ!

2015年に東京オープン選手権75㎏級5位になったオードリー・春日俊彰さんも今年でトレーニング歴8年目。昨年末にはボディビルの師匠である鈴木雅選手に新たなプログラムを組んでもらい、現在も週3回ペースでトレーニングを継続している。しかし、行うべき種目は決まっていても、いかんせん1人でトレーニングを行っているため、細かい部分での疑問点を抱きながら続けているという。そこで今回は、実際に鈴木選手が春日さんのフォームをチェック。春日さんの疑問を解消してもらうとともに、「正しいフォームで重量を伸ばしていけば、ある程度筋肉がついてきて、他の種目の効き方もよくなる」(鈴木)という種目を中心に指導してもらった。

ピックアップ記事

関連記事一覧