肩がなかなか大きくならない!? サイドレイズはここが大事【動画】

肩がなかなか発達しないという人はこの種目をマスターすることをおすすめする。三角筋側部に効かせるサイドレイズ。そのポイントを鈴木雅選手に解説してもらった。

監修:鈴木雅(ボディビル世界チャンピオン)

基本動作

腰幅と肩幅の間くらいのスタンスで立つ。肘を少し横に開いた状態でダンベルを持って構える。肩甲骨も軽く開いた状態にする。そこから肘でリードしながらダンベルを挙げていく。真上ではなく、外に開くイメージで挙げる。

注意点

ダンベルを肩と肘が同じ高さにくる位置まで挙げる。背中を無理に丸めたり、無理に伸ばしたりしないように

肘を後ろに引いて挙げないように。また、前腕でリードしないように

動画でチェック

鈴木雅(すずき・まさし)
1980年12月4日生まれ。福島県出身。
身長167cm 体重80kg ~ 83kg。株式会社THINK フィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004 年にボディビルコンテストに初出場。翌2005 年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2009年ワールドゲームズボディビル80㎏級3位。2010 年から日本選手権で優勝を重ね、2018 年に9 連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。2020年6月からDMM オンラインサロン“ 鈴木雅塾” を開講した。

取材:藤本かずまさ 写真:北岡一浩
※この記事は「IRONMAN(2019年5月号)」に掲載したものです。

ピックアップ記事

関連記事一覧