美尻パーソナルトレーナー岡部友 直伝!【“滑らせて鍛える“美尻エクササイズ】前編

この時期ジムになかなかいけず、自宅トレを行っている方も多いと思いますが、いつも同じトレーニングだと飽きてしまうと思います。
今日は、お家でできるエクササイズのバリエーション増やすことができる、「バルスライド」使ったエクササイズを、「美尻」パーソナルトレーナーとして話題の岡部友さんに教えていただきました!

 

岡部 友
1985年生まれ、神奈川県出身。
株式会社ヴィーナスジャパン代表取締役。
高校卒業後、アメリカで運動生理学、解剖学を学び、フロリダ大学在学中に、プロアスリートに指導できるスポーツトレーナーが保持する資格NSCACSCSを取得。
女性専門ジム「Spice up Fitness」を運営。
2019年4月には、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演し大きな反響を呼んだ。

「バルスライド」とは?

絨毯、フローリングの上で滑らせて行うトレーニングで、重りを使わなくても家でできるエクササイズのバリエーションを増やすことができます。
ヒップトレーニングだけでなく体幹を鍛えるメニューとしても有効です。尻トレを進めていても体幹が追いつかないとウエイトトレーニングが行き詰まりを感じることも。
鍛えたい部位はお尻だとしても、その成長を止めないためには上半身や体幹のトレーニングは重要です。

 

バルスライドを使った体幹トレーニングのバリエーションは50種類以上!

重りをかけたエクササイズで体幹を太くするものではなく、「体幹を強く使えるようにする」のが目的なので、くびれが無くなって太くなることがなく女性らしいカーヴは維持しながら、コアを強くすることができます。

 

岡部友直伝!ヒップアップトレーニング

バルスライドで行う体幹・お尻に効果のあるエクササイズをご紹介します。
バルスライドがない方は、タオルで代用してみてください。

 

1.プランクアブダクション

1.プランクの姿勢を取り、つま先の下にバルスライドを合わせる。
2.お腹に力を入れて脚をゆっくり開いていく。
3.開脚したところから同じスピードで足を閉じる。これを繰り返す。
★ お尻が上がったり、下がったりしないように体は直線をキープさせる。

目標は10 回

 

2.Vパイク

1.両手をつき、体を支えるポジションをつくる。つま先の下にバルスライドを合わせる。
2.お腹に力を入れてお尻を図のように持ち上げる。
★ 両脚は伸ばしたまま、できるだけ手に近づける。
3.元に戻る時もお腹に力を入れて同じスピードで、肩、股関節、足が一直線になるところまで戻る。

目標は10 回

 

3.スライディングハムカール

1.かかとにバルスライドを合わせる。
2.肘も使いつつお尻を浮かす。
★ この時、腰が反らないようにお腹に力を入れておく
3.お尻が下がらないように片足を滑らせて膝を伸ばす。
4.ゆっくりと戻ってきたら次は逆足。
★ お尻が下がらないように

左右交互に20 回を目安にする。

 

次のページ:4.ニータック

ピックアップ記事

関連記事一覧