かっこいい肩をつくるために大切なサイドレイズのグリップについて【動画解説付】

まずはサイドレイズの動画をご覧ください!

サイドレイズは中手骨で握ると手首を固定しやすくなり、腕橈骨筋の関与が少ない状態で肩関節が動き、ダイレクトに三角筋に負荷が乗りやすくなります。構えたときの姿勢も重要で、猫背にならず鎖骨をしっかりと横に伸ばし肩関節の位置を作ることが前提です。

では、写真をみながらおさらいしてみましょう!

中手骨で握ると手首が固定され、動作中の腕橈骨筋の関与が少なくなり、肩関節が動いて三角筋に負荷が乗りやすい。

基節骨や中手骨遠位で握ると手首が返ってしまい(背屈)、挙げるときに前腕を使ってしまう。
これでは三角筋に負荷を乗せづらい。

構えたときの姿勢も重要。猫背にはならず、鎖骨をしっかりと横に伸ばして肩関節の位置を作ること。しっかりと肩を開いた状態を作り、鎖骨、肩関節の位置に注意しながら動作を行うようにする

グリップについてのほかの種目の注意事項はIRONMANバックナンバーをご覧ください。

ご購入はこちらから

鈴木雅(すずき・まさし)
1980 年12月4 日生まれ 福島県出身。
2004 年にボディビルコンテストに初出場。翌2005 年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2009 年ワールドゲームズボディビル80㎏級3 位。2010 年から日本選手権で優勝を重ね、2018 年に9 連覇を達成。2016 年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2 つの世界大会でも優勝を果たした。

取材:藤本かずまさ 撮影:t.SAKUMA

ピックアップ記事

関連記事一覧