肋骨を意識するとショルダープレスの効きが変わる【動画解説付】

ショルダープレスで注意すべきポイントは肋骨です。

まずは動画をご覧ください。

肋骨の閉じた状態と肋骨が開いた状態のショルダープレスをご覧いただきました。

それではそれぞれどのように違うのでしょうか?

まずは肋骨を閉めた状態。こちらはしっかりと肘を伸ばせて、フィニッシュで三角筋を収縮できます。

では、肋骨が開いた状態はどうでしょうか?こちらは肩甲骨が寄って肘をしっかりと伸ばすことができず、フィニッシュでの負荷が抜けてしまいます。

ですので、ショルダープレスを行うときは肋骨を閉めた状態を意識してトレーニングしましょう。

鈴木雅(すずき・まさし)
1980 年12月4 日生まれ 福島県出身。
2004 年にボディビルコンテストに初出場。翌2005 年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2009 年ワールドゲームズボディビル80㎏級3 位。2010 年から日本選手権で優勝を重ね、2018 年に9 連覇を達成。2016 年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2 つの世界大会でも優勝を果たした。

取材:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧