コンテスト womens

ヒールを履くと180cm超の美長身!ヨガインストラクターがコンテスト初出場でグランプリ「ぺたんこお尻・広い肩幅」コンプレックスを筋トレで克服

「ボディメイクの大会はゴリゴリの筋肉の人たちじゃないと出場できないと思っていました。でも、私の求める女性美・健康美を競う大会があると知って、出場を決意しました」

【写真】美しいくびれと美脚!馬場風奈さん全身ショット

身長170cm、ヒールを履くと180cmを超える美しい肢体を持つ馬場風奈(ばんば・ふうな/27)さん。5月6日(月・祝)のベストボディ・ジャパン2024岐阜大会ミス・ベストボディ部門ガールズクラス(18〜29歳)にて、コンテスト初出場でグランプリを制した。

馬場さんはヨガインストラクターとして活躍する傍ら、この大会のために一年をかけトレーニングに励んできたという。

「もともと、細身で筋肉がほとんどなく、ぺたんこなお尻や肩幅の広さなどが目立つ体型でした。細いのに体脂肪率が多くメリハリがないことが気になっていたのですが、筋トレを取り入れたことでバランスが整って全体が引き締まってきました」

週に3回のウエイトトレーニング、本業であるヨガは週に5〜6回のハードな生活を継続できたコツは、“ジムに行くだけは行く”という習慣だと語る。

「仕事の後など、どうしてもしんどいときもあります。そういうときもとりあえず行くだけは行く。そうするといつの間にかやる気持ちになっています。絶対にやらなければ、と自分を追い詰めすぎなかったのが、逆に安定的にトレーニングを継続できた理由だと思います」

食事管理も同様に、数日に一度は好きなものを食べることで普段のダイエットメニューを維持したという。

「ダイエット中も、“彩りよく気持ちが楽しくなるような食事”を心がけました。彩りをよくすると、自然と栄養バランスも整います。あとはたんぱく質を積極的に摂る意識と、シンプルな調味料。これで体脂肪率を4%落とせました」

今後の目標は、金沢での大会出場と、今回出場権を得た全国決勝となる日本大会への出場だ。

「ポージングをさらに磨きたいです。ジムにもヨガ教室にもヒールを持ち込ませてもらって、ステージでの魅せ方の研究を重ねてきました。肉体も磨きながらより表現力を高めて、見てくれる方々を魅了できるステージングをしたいです」

次ページ:美しいくびれと美脚!馬場風奈さん全身ショット

取材:にしかわ花 撮影:上村倫代

次のページへ >


-コンテスト, womens
-,