青木あかねさん

コンテスト womens

「痩せたらきれいなのに」ぽっちゃり体型から激変!丸みと高さのあるヒップラインとウエストのくびれで魅せた41歳がボディコンテスト優勝

青木あかねさん理想的なウエストのくびれや、丸みと高さのあるヒップラインが魅力の青木あかね(あおき・あかね/41)さんに、筋トレを始めたきっかけや“憧れボディ”をつくるヒントを聞いた。

【写真】青木あかねさんの丸みと高さのあるヒップライン

「筋トレを始めたのは2017年。昔からぽっちゃり体型でしたが、食事の乱れからどんどん体型が崩れ、食事管理とダイエットのためにパーソナルトレーニングに申し込んだことがきっかけです」

自分の身体が変わっていくごとに、青木さんのトレーニング熱は高まり続けていく。

「トレーニングに慣れてきた2、3年目は、ジムに住んでいるくらいの勢いで、朝は有酸素運動、夕方にトレーニング、夜も有酸素運動や別の部位のトレーニングなど、時間さえあればジムで過ごしました。今から思えば『トレーニング・栄養・休息』」の三本柱のうちの『休息』が全然できておらず、身体は硬くて、それなりの身体にしかならなかったです」

この反省を踏まえ、「自分の身体の疲労度をしっかり認識して、できる範囲のなかで行うこと。休むこともトレーニングのうち」と自身に言い聞かせ、いましめながらボディメイクを継続。2019年の大会入賞を皮切りに、ボディコンテストで優勝や上位入賞を続け、2022年の『FWJ WORLD LEGENDS CLASSIC 』ではビキニマスターズクラスで頂点に立った。

ビキニ競技をさらに追及するため、パーソナルトレーナーに転身。これまで20代から90代までにトレーニング指導を行ってきた。

「自分の競技にも、お客様の健康、また機能的な身体作りにも役立つようにたくさんの知識をつけ、インプットとアウトプットの日々です。競技用のポージング講師もしています。綺麗に見えるポージング、ウォーキングなど、世界の情報もしっかり取り入れながら、お客様に伝えられるようにしています」

そんな青木さんに、効果的にトレーニングの成果を出すコツについて聞いてみた。

「私の場合、女性らしいボディラインをつくるために全身を柔らかくすること。そのために、日ごろから柔軟性を向上させることを大切にしています。また、トレーニングでは重量を追い求めるよりも自分の可動域を広く、負荷を抜かないように、丁寧に行うこと。見よう見真似でトレーニングせず、どこを収縮してどこを伸長させるのか、しっかり考えながらトレーニングしています」

オフシーズンから大会に向けては約15㎏の減量に取り組むという青木さんに、ふだんから心掛けている食事のとり方についても聞いてみた。

「こだわっているのは『中たんぱく質、中脂質、中炭水化物』です。脂質カットや糖質カット、高タンパク質、など色々な食事方法がありますが、7年ほど試してみて、結局は全てをバランスよく摂ることが一番難しく、一番健康で効果的だと感じています。小手先のダイエット・減量テクニックでは反動が来るのは間違いなく、一生続けられる食生活なのかということを念頭に置いています。『まごわやさしいこ(まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いも、米)』を意識するとわかりやすく、健康的なお食事ができます!」

筋トレを始める前、周囲からの何気ない一言に深く傷ついた経験が、青木さんにはある。

「『痩せたらきれいなのに。小さいころはかわいかったのに』と。そのときの自分は、内面を見てもらえない、見た目で判断されてしまうんだと自分に自信が持てず、服を買いたくても店員さんの目が気になって、買いに出ることが怖かったです。自分にそうした弱い部分があるからこそ、他人の弱さを理解できて導ける人間になりたいと思っています。今は、見た目で戦う競技を行っていますが、見た目だけでなく内面から出る美しさがとても大事だと感じているので、ボディメイクだけでなく、人間性を鍛えようと意識しています」

真剣に日々のトレーニングに打ち込み、トレーナーとしても常に真摯に、親身になってクライアントと向き合う裏には、青木さんのそんな思いが隠されている。

次ページ:青木あかねさんの丸みと高さのあるヒップライン

取材:FITNESS LOVE編集部 写真提供:青木あかね

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-コンテスト, womens
-