47歳から筋トレを始めレギンス大会65歳以下の部で優勝!若さの秘訣はプロテイン?

“ボディコンテストの登竜門”として大会出場経験のない方でも誰でも参加ができる「マッスルゲート」。8月22日(日)に行われたマッスルゲート関西ウーマンズレギンス65歳以下級で荒井真由美選手が優勝した。現在53歳である荒井選手の食事へのこだわりは「とにかくタンパク質を摂ること!」そして好きな食べ物もプロテイン!今回は、荒井選手に15の質問を聞き、53歳と思えないカッコイイ大会写真も公開します。

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

▶記事後半には、荒井真由美選手の大会写真もあり

荒井真由美選手

トレーニングをはじめたきっかけ

47歳の時体型が崩れてきたのを感じダイエットのために始めました。

ボディコンテストにでたきっかけ

ジムのオーナーから「大会見つけました」と言われて。自分(ジムのオーナー)が出るのかと思ったら私が出ることに。

なぜマッスルゲートに出場したのか

ビキニを着るのはまだまだな身体だから(新カテゴリーのウーマンズレギンスへ出場しました)。

学生時代にやっていたスポーツ

ソフトボール

現在の職業

介護士

お仕事との両立

パートのため両立可能です。

ご家族の反応

特にありませんが、応援はしてくれてます。

普段のトレーニングメニュー

普段はセミパーソナルのトレーニングに通ってるので、トレーナーさんの指定したメニューを行っています。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

主に上半身のメニューが多いです。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

肩や脚を故障して、その部位のトレーニングができなかったこと。
ジムのオーナーさんトレーナーさん(マッスルゲート関西クラッシックフィジーク175cm超優勝)がメニューを考えて下さり休むことなくトレーニングができました。

トレーニングをしていて良かったこと

53歳ですが健康で、ちょっとのことではへこたれません。

トレーニングでこだわっていること

鍛えている部位を意識すること。

食事でこだわっていること

とにかくタンパク質をとる!

コンテストに出て良かったこと

また、頑張ろうと前向きになれました。

今後の大会での目標

大会に出られるような身体を60、70歳になっても維持していきたいです。

ピックアップ記事

関連記事一覧