デビュー戦でベンチプレス150kg!トラック運転手が掴んだ準優勝

スクワット、ベンチプレス、デッドリフトの3種目の合計挙上重量で競うパワーリフティング競技。近年、東京都パワーリフティング協会は、競技人口を増している。今回は、2021年春季東京都ベンチプレス大会でベンチプレッサーとして大会デビューを果たし、準優勝に輝いた、八木有輝選手に12の質問をした。

取材:FITNESS LOVE編集部 写真提供:八木有輝 取材協力:東京都パワーリフティング協会

【大会写真】八木有輝選手のベンチプレス

トレーニングをはじめたきっかけ

健康的な生活を送る為

パワーリフティングをはじめたきっかけ

MAX更新の喜びやテクニックの奥深さに興味を持った

ベンチプレスの公式記録(ノーギアorフルギアもお答えください)

公式記録150kg

学生時代にやっていたスポーツ

野球

現在の職業

トラック運転手

競技していることに対するご家族の反応

とても素晴らしい趣味?だと言って頂いております

普段の練習メニュー

エブリベンチ

パワーリフティング競技において苦労したこととそれを乗り越えた方法

苦労はないです。乗り換え方法は仲間のみんなに支えて頂いたおかげです。

ケガとの向き合い方

とにかく研究、トライアンドエラー

パワーリフティングをしていて良かったこと

精神面がかなり強くなった事。

今後の大会での目標

標準を取り、全国大会に出ること。

【大会写真】八木有輝選手のベンチプレス

鈴木雅の腕トレQ&A

ピックアップ記事

関連記事一覧