家族までもトレーニングの魅力に巻き込んで、自分の筋肉を磨き上げ大会優勝を果たした九州男児の心得

9月23日(木・祝)、九州は南国の街、宮崎県宮崎市にある大型商業施設・イオンモール宮崎にて、初の無観客での開催となった「マッスルゲート宮崎」は、オンライン配信により、誰でも観られる大会となった。また、無観客ということで、会場にはただならぬ静かな雰囲気と、その中でも選手と審査員の緊張感が伝わってきた。また、今大会は宮崎県や南九州のボディビル大会で優勝や上位入賞を収めている注目の選手が多数出場した。今回は、そんな宮崎大会にてクラシックフィジーク新人の部で活躍・優勝した黒木悟選手をご紹介する。

取材・文:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

▶クラシックフィジーク新人の部優勝・黒木悟選手の迫力ある大会写真大公開!!

マッスルゲート宮崎クラシックフィジーク新人の部優勝・黒木悟選手

トレーニングを始めたきっかけ

高校から始めたラグビーの体作りとして始めました

ボディコンテストに出たきっかけ

ジムのオーナーと友達に勧められたから

なぜマッスルゲートに出場したのか

新しいカテゴリーに挑戦してみたかったから

学生時代にやっていたスポーツ

サッカー、ラグビー

現在の職業

自動車整備士

仕事との両立

職場に筋トレをしている人はいませんが入社してからずっと筋トレと食事管理をしているところを職場のみんなも見ているので今では応援してくれています。

家族からの反応

最初は過度な食事管理やトレーニングに心配していましたが今では痩せて関節が痛む母もジムに通い始めて筋トレを始めプロテインを飲んだり食事に気を遣うようになりました。

普段のトレーニングメニュー

胸背中肩腕脚の5分割で仕事が休みの日に腹筋を追加でやってます。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

トレーニングは普段と変わらず減量の進み具合に応じて有酸素運動をします。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

元々部活で左手首を骨折した時に骨が少し曲がってくっついているのでそのせいでトレーニングの動きにかなり左右差がありました。今でも完全に改善された訳ではありませんが動画を撮って実際の体の動きを客観視したりトレーニング仲間に見たり触ったりしてもらって少しずつ改善するようにしています。

トレーニングをしていて良かったこと

プライベートや仕事で嫌な事があってもトレーニングで追い込めば大抵のことは忘れられる。

トレーニングでこだわっていること

前回よりも追い込む事と1セット1セットを出し切る

食事でこだわっていること

減量中も増量中もトレーニング強度が落ちないように食事のタイミングは固定している。

コンテストに出て良かったこと

同じ目標を持った選手との交流とボディーメイクへの更なるモチベーションの向上。

今後の大会での目標

今後は色んなカテゴリーや団体の大会に挑戦して自分にあったカテゴリーや団体を見つけて行きたいです。

次ページ:チャンピオン黒木悟選手の大会写真公開!

宮崎でもマッスルゲート!

ピックアップ記事

関連記事一覧