• HOME
  • 記事
  • コンテスト情報 , mens
  • 趣味はアイドルの応援!コロナ禍で団体競技ができなくなった大学生が不撓不屈の精神で筋トレ!さらにボディビルに挑戦し、見事優勝!

趣味はアイドルの応援!コロナ禍で団体競技ができなくなった大学生が不撓不屈の精神で筋トレ!さらにボディビルに挑戦し、見事優勝!

10月3日(日)、福岡・博多のパピヨン24ガスホールで行われた『マッスルゲート九州』には、300名以上の男女選手のエントリーがあり、それぞれハイレベルな選手による熱い闘いが繰り広げられた。なかでも今回は、マッスルゲート九州ボディビル大学生の部で優勝に輝いた竹林伸悟選手に15の質問に答えてもらった。

【画像】大学生ボディビルダー竹林伸悟選手の肉体美

竹林伸悟選手

トレーニングをはじめたきっかけ

コロナの影響で団体競技ができなくなったから

ボディコンテストにでたきっかけ

目標を持ってトレーニングがしたかったから。2021元日にコロナウイルスに感染してしまい、2021をなんとかいい年にしたかったから。

なぜマッスルゲートに出場したのか

一流の選手たちに審査してもらえるため

学生時代にやっていたスポーツ

柔道、ラグビー

現在の職業

大学生

お仕事との両立

フル単です!

ご家族の反応

冷蔵庫が減量食でうまって目線が痛かったです笑

普段のトレーニングメニュー

脚、胸肩(前)腕(三頭)、背中腕(二頭)肩(横、後)の3分割

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

腕、胸、背中、肩、脚の5分割

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

日頃は3分割で一回あたり長時間トレーニングをしていたが、減量中は糖質量を減らしているため5分割とし、時間は短く、密度は濃くできるようにした。

トレーニングをしていて良かったこと

友人ができた、日本トップレベルのトレーナーさんと交流が持てた。

トレーニングでこだわっていること

継続、楽しくやる

食事でこだわっていること

我慢しすぎない

コンテストに出て良かったこと

一つの工程を成し遂げることができた。自分を客観視できるようになった。新たな出会いや古い友人からも連絡をもらえた。自分の立ち位置を理解できた。

今後の大会での目標

JBBFの大会に出てみたい。

【画像】大学生ボディビルダー竹林伸悟選手の肉体美

大好評!筋肉増量飯

ピックアップ記事

関連記事一覧