運動は苦手でいつも補欠だったエステティシャン。名古屋のレギンスコンテストで笑顔の優勝!

約330名がエントリーし、お笑い芸人「ジャングルポケット・おたけ」がメンズフィジークに出場するなど、大きな話題を呼んだ10月17日(日)開催のマッスルゲート名古屋。小学校のときに入っていたソフトボール部ではいつも補欠だったという運動が苦手なエステティシャンの平野可奈選手が、人気沸騰の「ウーマンズレギンス」163㎝超級で優勝。「ダイエット目的」から始めたトレーニングで鍛えられたカッコイイ身体を笑顔で披露した。

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

平野可奈選手

トレーニングをはじめたきっかけ

ダイエット目的でジムに通い始めて、最初は有酸素ばかりしてましたが、ジムでできた友達にトレーニングを教えてもらうようになってから身体の変化があり、うれしくなり一人でもするようになりました。

なぜマッスルゲートに出場したのか

 自分への目標。

学生時代にやっていたスポーツ

運動は苦手で、小学生のときに地域のソフトボール部に入ってましたがいつも補欠でした。

現在の職業

エステティシャン

お仕事との両立

仕事が終わってからジムに行くので帰りは遅くなりますが習慣になれば、日常になりました。

ご家族の反応

笑われました。

トレーニングメニュー

週3~4。脚の日、肩の日、背中・胸の日の3つの部位で分けてます。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

ジムに行くのがいやになるときがありました。目標を作ったことでモチベーションが上がり、頑張ろうという気持ちになりました。

トレーニングをしていて良かったこと

自信のなかった身体が変化して、周りに褒めてもらうことが増え自信になりました。

トレーニングでこだわっていること

鍛えたい部位を意識する。無理しない。

食事でこだわっていること

タンパク質と炭水化物を意識してとるようになりました。

コンテストに出て良かったこと

同じことに挑戦する方達に出会えたこと。自信を持てたことで前向きになれたこと。とても良かった!

今後の大会での目標

   来年は今よりも成長してビキニ部門に挑戦したいです!

ピックアップ記事

関連記事一覧