親子でマッチョ!息子が優勝したことがきっかけで本格的に筋トレに目覚めた柔道整復師

渡邉浩充選手の逆三角形ボディ ※タップして写真をみる

10月17日(日)、愛知・ウインクあいちでマッスルゲート名古屋が行われた。今大会は約330名がエントリーし、2部に分けて熱戦が繰り広げられた。ジャングルポケットのおたけ選手が出場し話題となった大会でもあった。ここでは、メンズフィジーク新人の部172cm以下級で優勝した渡邉浩充選手に、14の質問をした。

渡邉浩充選手

トレーニングをはじめたきっかけ

40代後半になって体力が落ち、体重も増えたことと、頚椎の怪我から右手のしびれが、長く続いたことで筋肉が落ちたことがきっかけになりました。

マッスルゲートにでたきっかけ

ジムのトレーナーに勧められたことと、息子がJBBFの大会で初出場で優勝したことがきっかけになりました。

学生時代にやっていた部活・サークル

柔道

現在の職業

柔道整復師、柔道場のヘッドコーチ

仕事との両立

昼休みの空き時間と、仕事終わりの短時間でしています。

ご家族の反応

応援してくれてます。

普段のトレーニングメニュー

週5日、火、土(背中、腕) 水、日(胸、肩)木(脚)有酸素、週4日

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

セット数多め、最後の週は全身

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

肘を怪我して、思うようなトレーニングが出来なかったが、やり方や方法をかえてなんとかトレーニングできたこと。

トレーニングをしていて良かったこと

若くなった。

トレーニングでこだわっていること

フォーム、姿勢、継続。

食事でこだわっていること

P.F.Cバランス、時間、回数。

コンテストに出て良かったこと

新たな自分との出会いと、やりがいのある目標を見つけられたこと。

今後の大会での目標

息子とオールジャパンに出ること。

【画像】渡邉浩充選手の逆三角形ボディ

大好評!筋トレビフォーアフター

ピックアップ記事

関連記事一覧