肉体と芸術を掛け合わせた会社経営者 兼 栄養士 兼 パーソナルトレーナーのビキニアスリートが頂上決戦で優勝

ボディビルの頂上決戦として日本ボディビル・女子フィジーク選手権、フィットネスNo.1を決めるグランドチャンピオンシップスの2大会が、国内におけるナチュラル最高峰の身体を決める大会だ。そこにもう一つ…。初心者の大会登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各大会優勝者が集結する、11月27日(土)、28日(日)に新宿住友ビル三角広場にて開催となった『ゴールドジムジャパンカップ』も、大いに話題と選手を集めた。今回ここで紹介するのは、そのジャパンカップにおいて各カテゴリーとクラスにおいて優勝した、まさに‟日本チャンピオン”たちの素顔と、今大会に出るまでの苦悩や努力だ。本記事で紹介するのは、栄養士、パーソナルトレーナー、ナチュラルビキニアスリートの顔を持つ、美貌と筋肉美の融合した選手だ。

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

画像をタップorクリック

▶美貌輝く肉体芸術家のステージでの姿はこちら【写真】

ゴールドジムジャパンカップビキニフィットネス35歳以上160㎝超級優勝・オルガ・アクノバ選手

優勝の感想

この大会で勝てたことは言葉に表せないほど嬉しいです! 金メダルを取れて、素晴らしい気持ちです。私はステージにいた全ての時間を楽しむことができました。マッスルゲートとゴールドジムに、この機会を私たちボディビルダーに与えて頂いたことに感謝しています。私たちが自分たちの可能性を表現させて頂けたことに。私たちが自分たちの限界を超えて、より健康的で、よりフィットであるために。私たち人間はそのように創造されているから。

ジャパンカップに出場した理由

今回ジャパンカップに参加させて頂いたのには、多くの理由があります。ボディビルディングは私の本業であるため、参加して当然と私は考えます。フィットネスビキニ競技者であるということはまるで仕事のようです。それはステージで観客を楽しませるためにベストを尽くすからです。大会は私自身だけのことではなく、観客、そして審査員の方にベストな状態、美しい姿、そしてインスピレーションを与えることだと私は考えています。そして、私の仕事はそれら全てを自分の中から引き出すことだと考えています。これは私にとってとても自然なことです。私はステージに乗ること、そして自らを鍛えることが大好きだからです。しかしまだまだ自分は鍛錬が必要だと考えます。故に挑戦することが大好きであることも参加した理由と言えるでしょう。他にも参加した理由は沢山ありますが、長くなってしまうのでここら辺にしときます。笑

ジャパンカップまでの道のりには、どんなことがあったか

 大会への準備は簡単ではありませんでした。減量は順調に進み、トレーニングもハードでしたが楽しむことができました。一番のチャレンジはポージングでした。ポージングを上達させるのに一番てこずりました。ポージングは芸術です。自分の持てる全てシ ョーケースにするための芸術です。毎日練習を繰り返しました。時には仕事で忙しく、午前2時から練習することもありました。

競技をすることで得られた変化

今回はメンタルを改革させる必要がありました。私自身を私の最優先にしなくてはなりませんでした。結果、それは私のプライベートを良い方向に転換させてくれました。自分自身のケアをすることがとても上手になりました。そして今までで一番良いマインドセットになることができました。 何があろうと私は出来ると信じることができました。もちろん肉体的に変化を得ることができました。毎日正確にアクションを起こしさえすれば、3ヶ月で大きな肉体大きく変革させることができるということも学びました。目標に向かって毎日の選択をしっかりすることが、いかに大事かということを学びました。

普段の仕事と行っている競技の両立について

仕事と大会へ向けての準備を両立することは簡単ではなかったですが、なんとかやり遂げました。減量中パーソナルトレーニングのクライアントでとても忙しかったです。しかし、そうなることは事前に想定済みでした。なので、スケジュール組みを予めして、できるだけ自分の時間を有効活用できるようにしていました。クライアントのリザルトは自分にも反映してくるので、彼らを失望させるわけにはいきませんでした。
私は自分の会社も運営しているので、週に2日は会社の作業と自分のトレーニングに没頭する日を設けました。トレーニングはできるだけストレスを削減させるために、クライアントのトレーニングの合間や朝一番に行いました。カーディオはジムと自宅の間を1時間歩いて行いました。それはそれで完璧でした。限界を超える(それは時に頭の中だけの問題)ハードなトレーニングを行う、行った前後にはしっかり休養も必要なので6~8時間は睡眠を摂るようにしていました。そして、寝る時は酸素をより多く取り入れるために窓を開けて寝ていました。

トレーニング、食事に対するこだわり

トレーニングと食事をこだわることは、全ての人にとってのライフスタイルであるべきだと私は考えます。例えば、競技者にとってはトレーニングと食事は筋肥大するためには不可欠です。減量中は特にです。全てのエクササイズ、全てのセット、レストに意味があります。食べるものも全てに意味があります。故に減量中でも筋肥大は可能です。しかし、それには正しい栄養とジムでの集中力が不可欠です。そうすることが、私はマッスルゲートに向けて調整を間に合わせることができました。私は週6回トレーニングして、3時間おきに食事を摂っていました。ファストフードはもちろん無しです。弁当を自分で作り仕事に持っていきました。

今後の目標

来年はJBBF の3つの大会に出場したいと考えてます。そして今のまま鍛錬を続け、来年のマッスルゲートにも再び出場させて頂きたいと考えてます。 当面はポージングに重きを置いて、来年は更にいい仕上がりを見せれるようにしたいです。
来年ベストな姿を魅せたいというモチベーションがとても高まっています。ボディビルディングは私が愛してやまない仕事です!

ピックアップ記事

関連記事一覧