ジャパンカップ2冠達成の秘訣は”審査基準にそくした部位発達”

バキバキ腹筋!中村宗人選手の見事な肉体美

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり新宿住友ビル三角広場にて開催された。今回ご紹介するのは、メンズフィジーク176cm超級、メンズフィジークマスターズ172cm超級で2冠を達成した中村宗人選手。優勝の秘訣は審査基準に則した身体づくり!?

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

【写真あり】バキバキ腹筋!中村宗人選手の見事な肉体美6枚

中村宗人選手

優勝の感想とジャパンカップ出場の理由

(マスターズ172以上)昨年のジャパンカップでは2位でした、今年は一番上に登れるよう臨みましたので非常に嬉しいです。
(メンズフィジーク176超級)オールジャパンでは参加が出来ないカテゴリーでしたのでまたとないチャレンジの機会、決勝進出が目標でしたので出来すぎた結果でしたが素直に嬉しく思います。

トレーニングに対するこだわり

トレーニングはメンズフィジーク審査基準にそくした部位発達を心がけています。

食事に対するこだわり

食事は1年を通して摂取時間や内容は一定に(オンとオフはボリュームが違います)かつクリーンにしています。

今後の目標

自分自身の理想のフィジークを作り続けていきます。大会では来年の今大会またはオールジャパンを目指して頑張っていきたいと思います。

「真っ先に吟味したのはタンクトップ&短パン選び」メンズタンクトップ初代王者が教えてくれる新カテゴリーの魅力【マッスル】

【写真あり】バキバキ腹筋!中村宗人選手の見事な肉体美6枚

ジュラシック木澤関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧