筋トレで追い込み過ぎると失禁するのか!?初心者が気になる木澤大祐のウソホント

今年、17年の日本ボディビル選手権出場キャリアの中で最高位の2位にまで登り詰めた、日本ボディビル界の“ジュラシック”こと木澤大祐選手のボディビル珍エピソードを紹介! 世界七不思議、七つの海、虹の七色、七にまつわるいろいろな事象が世の中にはあるが、ジュラシック木澤選手にも都市伝説的な七つの(あるいはそれ以上!?)逸話があるとかないとか。その真実に迫る !

文:岡部みつる、アイアンマン編集部

今でも失禁!?

「つい最近の話です。脚トレ後にストレッチしてたら、全身に力が入らなくなって失禁してしまいました(笑)。

それも、チョロではなくジョーって感じで、パンツがビチャビチャでした。でも、感覚が麻痺していて漏れているのに気がつきませんでしたね。

上半身は、なかなかそこまでいかないですね。上半身の場合は、やった部位がつりまくる感じですね。

ナチュラルのトップ選手は、みんなそこまで追い込むのは当たり前じゃないですか。鍛えて刺激与えるのは当然で、そこからどこまで追い込めるかっていう話です。

『どこまで無茶できるか?』

ですね。でも、テクニックあっての無茶であって僕は絶対にフォームを崩しません。無茶苦茶な無茶じゃないわけですよ。フォームを無視して追い込んで得られるのは、心肺機能の酷使
か、補助筋が参加し始めての動作続行で本来のターゲットを追い込んでいませんから、待っているのはケガか体力的疲労です」

失禁するまで追い込むとは…、真似したくてもできない境地である。しかし、そこまで追い込めたのなら、木澤選手のような『どこまで無茶できるか?』というところに行きつき、追い込むということを学べるのでは? 

デカくなるために読まなきゃいけない記事▶【ウソのようなホントの話】“ナチュラル”でデカくなるには筋肉が動かなくなるまで追い込まないといけないのか!?


木澤大祐(キザワ ダイスケ)
1975年1月9日生まれ、愛知県名古屋市出身。身長170cm、体重82㎏(オン)、オフ(89㎏)医療廃棄物の回収という肉体労働をしながら大会出場を続けていたが、2017年2月にJURASSIC ACADEMYをオープン。2019年4月には独立してオーナーに。爆発的な筋量を誇り「ジュラシック木澤」「東海の恐竜」の異名で多くのファンを持つ。2020年7月7日からJURASSIC KIZAWACHANNEL(YouTube)を開設。登録者数4.6万人。一男二女の父。
主な戦績:1995年 日本ジュニア選手権優勝、2003年 ジャパンオープン選手権優勝、2008・2019年 日本選手権4位、2014・2015・2019年 日本クラス別選手権85㎏級優勝、2021年  日本選手権2位


執筆者:岡部 みつる(オカベ ミツル)
昭和の終焉に渡米。’93年、米マスキュラーデベロップメント誌のチーフフォトグラファーとして年間契約。’96年からMOCVIDEOを設立「オリンピアへの道」をはじめロニーコールマン、ジェイカトラーなどトッププロビルダーのDVDを制作。’08年に会社を売却し帰国。マッスルメディアジャパンと協力し「Mr.日本への道」をはじめ鈴木雅、田代誠、合戸孝二、ジュラシック木澤といった日本のトップビルダーの撮影や編集に携わる。標高634mの鹿、不如帰、ヒグラシに囲まれた山中にワイフと愛犬サチとの3人暮らし。YouTube『ミッツTV』で撮影裏話など配信中。’92NPC-Mr.L.A. ライト級優勝。

木澤大祐選手のトレーニング秘話

ピックアップ記事

関連記事一覧