社会人選手権で優勝した筋肉救急救命士が世界との闘いで得られた教訓とは

11月3(水)~8日(月)、スペインのサンタ・スサンナでボディビルとフィットネスの世界大会『IFBB WORLD CAMPIONSHIPS(国際ボディビル連盟主催世界選手権大会)』が開催され、日本からは13人の選手が出場した。昨年は新型コロナウィルスの世界的感染拡大により、国内外の大会は軒並み中止を余儀なくされ今年も世界大会の開催が危ぶまれたが、徹底した感染症対策と、渡航する選手にはワクチン接種の徹底と隔離期間を設けるなどして開催できるまでに至った。今回も日本選手が活躍を見せ、さらには2人がカテゴリー優勝という快挙を成し遂げてきた。また、2年ぶりの世界大会となり、以前に増して世界の選手もレベルアップしてきていたが、その中でも“日本人”が勝てる、上位に行ける理由を、出場した選手たちは明確に分かったという。本記事で取材をしたのは、今大会ボディビルマスターズ40~44歳80㎏以下級5位入賞を果たした中野良一選手だ。

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介(国内大会写真)

▶筋肉救急救命士の日本一となったボディビルダーとしての姿はこちら【写真】

中野良一選手

◆世界選手権に出場するにあたり、苦労したこと(減量、隔離期間中、渡航した後に行った最終調整など)

1.  消防士兼救急救命士という仕事と、コロナ禍ということもあり、緊張感の中での度重なる救急出動が続き、食事や睡眠も決まって摂れない状況が続き、24時間の勤務を終えると心身共に疲労困憊の日々が、長い間続いてる状況でした。
その中でトレーニング内容や栄養面を見直したり模索しながらの国内大会後に世界選手権出場を決めました。決めた以上、前記の環境を言い訳にはしたくないという思いと、仕事とトレーニングの両立を図る為に常に心と体の調和をと保つことが非常に難しい状況の中で、なんとか、渡航し出場することができました。2. 職場には、隔離期間を含め長期の休暇をいただく事になり迷惑をお掛けしましたが、そこに理解を示していただいた職場の先輩や後輩、家族には大変感謝しております。
また、私の所属するボディビル社会人連盟の皆様にも世界選手権への出場する事に対して私の背中を押して頂き、多大なる応援をして頂きました事にも、心から感謝しております。

3. 長時間のフライト、時差もそうですが、渡航後は体調管理が難しく、私は体重が落ち体が張る感覚を失ってしまい、最終調整に苦労しました。

◆世界選手権のステージの感想

私にとっては、初めての世界選手権出場と、何もかもが初めての経験でしたので色々苦労する事がありました。連日連夜遅くまで繰り広げられるステージは、正にその一つです。その「文化の違い」に戸惑いを感じる事もありました。
しかし、「沢山の人達に支えいただき今の自分がある。今スペインに立ってるのだ!」と言う想いが私を奮い立たせてくれました。
万全の体調で臨むことの難しさを感じながらも、ステージでは自分を出し切ることだけを考えていました。

◆大会が終わった今の気持ち

ボディビルに出会えた事に感謝です。そして、沢山の皆様にご支援とご協力を賜り、このような特別な機会と、素晴らしい方々との出会いをいただきましたことに、心より感謝しております。
選手としてはもちろん、一社会人、一人の人間として、これからも成長出来るように精進して参りたいと思います。

中野良一選手

◆世界選手権に出場してみて、海外の選手との間に感じた違いとは

海外選手のバルクと、積極的に前に出て行くような勢いには驚かされました。しかしながら、日本人選手のバランスときめ細やかで完成度の高いポージングは素晴らしく感じました。

◆世界の選手と並び、見えてきた課題

最終段階でサイズを残す事ができる様にバルクアップはもちろんの事、各部位の完成度を増したいと思ってます。
今回ご指摘頂いた、私の長所であるミッドセクションを更に強調し、ポージングにおいて全体のバランスを魅せる事ができる様に、頑張りたいと思います。

世界大会特集

ピックアップ記事

関連記事一覧