「朝5時半からジムに行って高校に通う」脚トレで倒れるまで追い込むボディビルダーは高校生!?

佐藤恭冴選手の高校生離れした筋肉美

12月5日(日)、東京・銀座ブロッサムでマッスルゲートfinalが行われた。マッスルゲート2021年最終戦。年内最後ながらも290名のエントリーと大きな大会となり、熱いステージを展開させた。ここでは、メンズフィジーク高校生の部、ボディビル高校生の部で優勝した佐藤恭冴選手に、14の質問をした。

(取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介)

佐藤恭冴選手

トレーニングをはじめたきっかけ

小学生のころ喧嘩で負けたのが悔しかったので始めました。

マッスルゲートにでたきっかけ

近所が会場で、力試しをするには良い機会だと思ったからです。

学生時代にやっていた部活・サークル

中学時代には剣道部で、高校では水泳部中退です。

現在の職業

高校生

学業との両立

5時半からジムに行ってトレーニングをしてから学校へ通っています。

ご家族の反応

応援はされていますが、睡眠不足や栄養バランスの乱れなど不健康を心配されています。

普段のトレーニングメニュー

まちまちですが、50分~75分ほどのメニューです。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

普段のトレーニング+家でエアバイクをこぎます。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

自分の限界点はどこなのか分からなかったが、脚トレで倒れて初めて感覚がわかりました。

トレーニングをしていて良かったこと

行動力がついたことです。

トレーニングでこだわっていること

1日の集中力を全て使い切ることです。

食事でこだわっていること

米の量や、プロテインの摂取量です。

コンテストに出て良かったこと

雰囲気が楽しかったです。

今後の大会での目標

ジュニアのチャンピオンになりたいです。

【画像】佐藤恭冴選手の逆三角形ボディ

日本王者・相澤隼人選手関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧