54歳会社員がシビレる肉体美を披露!「毎年、自分史上最高の肉体を更新している」

石原康伸選手

12月5日(日)、東京・銀座ブロッサムでマッスルゲートファイナルが開催された。マッスルゲート2021年の締め括りということもあり、約290名の選手がエントリーし大きな話題を集める熱いステージを展開させた。ここでは、老化と中年太りを改善するため筋トレを始め、毎年自分史上最高の肉体を更新し続けている石原康伸選手を紹介します。

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

▶54歳会社員が魅せたシビレる肉体美!

マッスルゲートファイナル メンズタンクトップ168㎝以下級優勝 石原康伸選手

トレーニングを始めたきっかけ

老化と中年太りを改善するため。

マッスルゲート出場の理由

日頃のトレーニング成果を確認するため。

現在の職業

会社員

普段のトレーニングメニュー

背中、肩、脚、胸、腕の5分割。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

普段と変わりません。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

減量期のトレーニングは辛いですがトレーニングされている皆さんのSNSを見てモチベーションをあげていました。

トレーニングをしていて良かったこと

毎年、自分史上最高の肉体を更新するところでしょうか。47歳より54歳の今のほうが筋量も増えていると思います。

トレーニングでこだわっていること

「怪我しないムリしない」です。

食事でこだわっていること

まごにわやさしい和食が中心です。

コンテストに出て良かったこと

年齢に関係なく想像以上の評価をいただけたので継続して良かったという思いとトレーニングに対するモチベーションも上がりました。

今後の大会での目標

メンズフィジークのカテゴリーでも高い評価を得られるようバルクアップ実践中です。
《マッスルゲート》関連記事

ピックアップ記事

関連記事一覧