競技歴1年でこの筋量と完成度!驚きの新人のトレーニング内容とは?

四十物悠弥選手

四十物悠弥選手

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり開催された。ここでは競技歴1年にも関わらずボディビル70kg級2位となった四十物悠弥選手にトレーニングや食事について聞いた。

【写真】四十物悠弥選手の新人離れした筋肉美とポージング

四十物悠弥選手

ーートレーニングをはじめたきっかけを教えてください。
「WWEのジョン・シナやジェイソン・ステイサムのような身体に憧れて始めました」

ーーなぜゴールドジムJAPAN CUPに出場したのですか?
「競技歴が1年目でしたので、2022年の東京クラス別に向けて減量の練習をするために出場しました」

ーー普段のトレーニングメニューを教えてください。
「胸、背中、肩、腕、脚の5分割です。減量期も同じです」

ーートレーニングをしていて辛かったこととはありますか?
「手首の怪我です。一時期プレス系やバーベルカールなど痛みで思うように出来なかったです」

ーーそのときはどうしましたか?
「ケアやコンディショニングをするようになってからかなり改善されました」

ーーどこかで勉強したのですか?
「鈴木雅塾に入会して、勉強しました」

ーートレーニングをしていて良かったことを教えてください
「トレーニングを通じて輪が広がり、色んな人に出会えていることです」

ーー競技歴1年ということですが大会に出場したことで得られたものはありますか?
「ゴールドジムJAPAN CUPの同じ階級で優勝した中村選手など普段は顔を合わせない選手と同じステージに立てたことは光栄でした」

ーー食事でこだわっていることはありますか?
「一つのものに偏らず色んな食材から栄養を取ることです」

ーー最後に2022年の大会目標を教えてください
「2021年よりもインプルーブした身体を作ることです」

(取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介)

次ページ:四十物悠弥選手の新人離れした筋肉美とポージング写真3枚

コンテスト関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧