「趣味はブレイクダンス」ガリガリ男が家族想いの筋肉隆々パパに

蛯名圭路選手

蛯名圭路選手

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり開催された。ここではボディビル70kg以下級3位となった蛯名圭路選手にトレーニングのこだわりや食事法などを聞いた。全国大会3位の肉体を持つ蛯名選手は元々ガリガリ体型だった……。

【写真】蛯名圭路選手のバキバキに割れた腹筋

蛯名圭路選手

ーートレーニングをはじめたきっかけを教えてください。
「58kgほどのガリガリ体型の自分を鏡で見てガッカリしてしまったことがきっかけです」

ーー細かったんですね。どのようなトレーニングをされているのですか?
「月曜は脚の前面、火曜は胸、水曜は脚の後面、木曜は肩と三頭、金曜は背中、土曜は二頭の週6日で分割しています」

ーー日曜日は?
「家族サービスです」

ーートレーニングをしていて辛かったことはありますか?
「近くに24時間ジムがなく、コロナが流行してから、ジムの閉鎖や時間制限があったため、思うようにトレーニング時間が確保できませんでした」

ーーそのときはどうしていましたか?
「職場にも多少のトレーニング設備があるため、工夫してトレーニングを行ってなんとか乗り越えました」

ーートレーニングをしていて良かったことを教えてください。
「息子たちにスゴいと言われるようになり、学校などでも自慢してくれていること、人間関係の輪がとても広がったことです」

ーー食事でこだわっていることはありますか?
「たとえ減量中であっても、妻が作ってくれた食事や自分のために作ってくれた食事は、美味しくいただくことです」

ーー家族想いですね。大会に出場してよかったことと次の目標を教えてください。
「大会に出場して結果を残せたという達成感を得られたことがよかったです。2022年はゴールドジムJAPAN CUPでのクラス優勝を目指します」

(取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介)

次ページ:蛯名圭路選手のバキバキに割れた腹筋写真を含むポーズ写真3枚

コンテスト関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧