「なかなか身体が大きくならなかった」小食ボディビルダーが新人の部で優勝!

金久翔哉選手

ムキムキな身体を披露

2月26日(土)、兵庫県・西宮市民会館アミティホールにて『マッスルゲート関西新人戦』が行われた。昨年より『新人戦』が新設大会として開催され、今年は関東と関西で2大会が予定されている。関西での開催は初めてにも関わらず70名以上の選手がエントリーした。ボディビル新人の部70kg以下級で、金久翔哉選手がムキムキな身体を披露した。パーソナルトレーナーとして働く金久選手は、トレーニング以外の趣味について聞くと「解剖学などの勉強」と答え、トレーニングは「生きがい」と真剣に身体づくりに励んでいる姿勢を見せた。他にも減量やバルクアップでこだわったことや食事についての質問にも答えてくれた。

【写真】ムキムキな身体

マッスルゲート関西新人戦
ボディビル 新人の部70kg以下級優勝
金久翔哉選手

――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
「高校2年生の時に陸上部に入部しそこで始めたやり投げ競技をきっかけにトレーニングをスタートしました」

――トレーニングのメニューはどのように行っていますか?
「最近は全身法や上半身・下半身で回してます。基本はBIG3です。」

――トレーニング中に意識していることを教えてください。
「パーソナルトレーナーなのでお客様に還元できる様に一つ一つの関節の動きなどを、言葉で説明できるように意識しながら取り組んでいます」

――自慢の部位とそのトレーニングを教えてください。
「大腿四頭筋です。とにかくスクワットを行います」

――トレーニングをしていて良かったと感じることはありますか?
「生きがい。仕事になっていることです」

――トレーニングで辛かった経験などありますか。
「なかなか思う様に身体が大きくならなかったときです。でももう一度基礎から見直したら少しずつ変わっていきました。今も進化中です」

――普段から食事なども工夫していますか?
「元々少食なので小分けにして食べています」

――普段摂取しているサプリメントはありますか?
「プロテイン、クレアチン、EAA。
プロテインは増量期に間食として重宝してます。クレアチンは高重量を扱う為のパワーアップ目的で。EAAは筋分解の抑制に摂っています」

――減量やバルクアップで意識していることは?
「減量では計量をしっかりし、夜もしっかり食べます。バルクアップはタンパク質よりも炭水化物を多くとっています」

――大会に出場するようになって周囲の反応や反響はどのようなものでしたか?
「ボディビル競技に対しての見方や目線が変わったと言われうれしかったです」

――お気に入りのトレーニングアイテム?
「二ースリーブ」

――憧れている、目標にしている人はいますか?
「鈴木雅選手」

――トレーニングや食事の参考になるものは?
「YouTuber、パワーチューブやSho Fitness」

――次の目標を教えてください。
「パワービルディングで理想の身体を作るを広めたいので次はパワーリフティングの大会に参加します」

(取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介)

次のページ:ムキムキな身体

ピックアップ記事

関連記事一覧