2年前からトレーニングを始めて優勝を達成した公務員「とにかくメンタルに頼った減量をしない」

7月3日に開催されたマッスルゲート熊本のメンズタンクトップ172cm以下級で優勝を達成した橋本拓馬選手。BIG3種目を中心としたメニュー構成で2年前からトレーニングに励んでいるという。今回、メンズフィジークでの入賞には至らなかったが、来年以降は本競技での活躍を目指している。ここでは橋本選手のトレーニング法、そして減量法などを聞いた。

【写真】橋本拓馬選手の見事な逆三角形ボディ

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

橋本拓馬選手

──いつからトレーニングを始めましたか?
「2年前からです。ベンチプレスにハマったのがきっかけです」

──現在のトレーニングについて教えてください。
「BIG3を中心に週4回程度でトレーニングをしています。スクワットの日、ベンチプレスの日、デッドリフトの日+ショルダープレスの日(BIG3ではありませんが……)を作り、そこに補助種目を3~4種目を追加しています」

──トレーニング中に意識していることを教えてください。
「6〜8レップ内で扱える最大重量でトレーニングすることを意識しています」

──トレーニングをしていて良かったことは何ですか?
「30歳を超えてもまだまだ成長できるという感覚を得たことと自己肯定感が強くなったことです。そのことが、仕事や私生活にも良い影響を与えていると思います」

──仕事とトレーニングの両立について苦労はありますか?
「公務員をしてます。社会人なので、当然トレーニングできる時間は限られています。短い時間でいかに効率よくできるかを意識しています」

──栄養面でこだわっていることは何ですか。
「トレ前、トレ中のカーボです。トレ前はスティック上の羊羹、トレ中はCCDをよく摂っています」

──減量で意識していることがあれば教えてください。
「とにかくメンタルに頼った減量をしないことです。低カロリーで満足度の高い料理方法など、楽に減量できる仕組み作りを考えて実行してます」

──今後の目標を聞かせてください。
「メンズフィジークでのオールジャパン出場です。そのために来年はメンズフィジークで表彰台に立ちます。今大会ではポージングが課題でした。来年に向けて、今の時期から練習します」

──最後にこれから大会を目指す方へのアドバイスをお願いします。
「もし出場したいけど、不安だったり、自信がなくて迷っている方がいれば、必ず出場することをおすすめします。なぜなら、私も当初は自信がなく、不安と恐怖で一杯でしたが、恐怖を乗り越えて、出場した先に素晴らしい世界が待っていました!ステージにはそれほどの価値があります!一緒に頑張りましょう!」

次ページ:橋本拓馬選手の見事な逆三角形ボディ

マッスルゲート関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧