体重125kgからボディビルを始めて優勝した高校生「みんなから褒められるようになりました」

松井光貴選手ボディコンテストの登竜門として人気を集めるマッスルゲート。7月3日には熊本県にてマッスルゲート熊本が開催された。ここでは、昨年の10月からボディビルを始め、高校生の部で優勝した松井光貴選手のトレーニングや学業との両立について聞いた。

【写真】松井光貴選手のコンテストでのポージング

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

松井光貴選手

──いつからトレーニングを始めましたか?
「2021年の10月ごろからトレーニングを始めました。トレーニングを始めたきっかけは、フィジークに出場している先生から『お前、ボディビルダーになれるよ』と言われたことです」

──現在のトレーニングについて教えてください。
「トレーニングは週5回で、月曜日は、胸。火曜日は、肩のプレス系(サイドとフロントメイン)。水曜日は、背中、二頭。木曜日は、胸、三頭。金曜日は、脚、腹、肩のレイズ系(サイドとリアメイン)。土日は休みで1週間回してます。トレーニングで意識してることは狙った部位に効かせることと、反動を使わないようにすることです」

──学業との両立についてはいかがでしょうか?
「筋トレのことばかり考えてしまい、授業中でも集中できないことがありますが、日常生活で動きやすくなったり、みんなから褒められるようになりました」

──栄養面は何か意識していることはありますか?
「普段の食事を美味しく食べること。減量では空腹を作らないことです」

──初めての大会を終えていかがでしたか?
「自分はちゃんとボディビルの選手なのか、大会の流れはどうなのか色々分からないことがあり、不安でした。今回の大会の反省点は減量が甘かったことと、ポージングが下手だったことです。大会を目指すなら、ポージング練習をしっかりすることをおすすめします」

次ページ:松井光貴選手のポージング写真

マッスルゲート関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧