約1年で驚きの変化!しっかりと絞り切り優勝「コンテスト初出場でしたが、とにかく良い経験になりました」

7月3日に開催されたマッスルゲート熊本。出場人数も多く、レベルが高かったと言われているボディビル新人の部で、見事優勝したのは福田光太郎選手。驚くべきは、コンテスト初出場というだけではなく、トレーニング歴がたったの約1年ということ。短期間で変貌を遂げた福田選手のトレーニングや栄養のこだわりとは?

【写真】福田光太郎選手の新人離れしたバキバキボディ

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

福田光太郎選手

──いつからトレーニングを始めましたか?
「ボートレーサーを目指しており、当時ゴールドジムに通っていましたが、全くウエイトトレーニングはしていませんでした。その後、進路を変えトレーナーを目指すようになり、ウエイトトレーニングを始めました。2021年4月からです」

──現在のトレーニングについて教えてください。
「胸、背中、オフ、肩、腕、脚、オフで分割しています。骨格を意識し、自分に合った動きの中で効かせるようにしています」

──トレーニングをしていて良かったことは何ですか?
「注目されるのが好きなので、身体が変わり、海や温泉に行ったときに見られることです」

福田光太郎選手の2021年減量前

福田光太郎選手の2022年3月

──栄養面でこだわっていることは何ですか?
「昔から体調を崩しやすいので、免疫力を高めたり、とにかく回復を意識した食事やサプリメントを摂ることにこだわってます。減量中はなるべくお腹が空かないように、なるべく回数を分けて食事を摂るようにしてます。オフの時期は、少食を言い訳にせず、とにかく食べまくるようにしています」

──次の目標を教えてください。
「福岡選手権を獲って、日本選手権に出場したいです。今大会では、ポージングがとてもきつかったです。練習しましたが、疲れてカットも出せなくなったりしたので、今後はポージング練習を死ぬ気でします」

──これから大会を目指す方へのアドバイスをお願いします。
「私自身コンテスト初出場でしたが、ステージに立ち、とにかく良い経験になりました。チャンスがあれば積極的に出場した方が良いと思いました」

次ページ:福田光太郎選手の新人離れしたバキバキボディ

マッスルゲート関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧