快挙!田上舞子が艶やかなドレス姿で世界大会に挑みメダル獲得!

9月18日、スペイン・セビリアで「ARNOLD CLASSIC EUROPE(アーノルドクラシックヨーロッパ)」が開催され、フィットモデル164㎝以下級で田上舞子選手(34)が悲願の3位入賞。石川県で4日に開催された、「オールジャパンフィットモデルチャンピオンシップス(JBBF主催)」でも階級2連覇を遂げており、勢いそのままに、昨年のリベンジを果たした。

【写真】“美しすぎるボディビルダー”田上舞子選手のくびれボディ。スイムスーツとドレスの全身写真(オールジャパン)

「フィットモデル」は、スイムスーツ(ワンピース水着)とロングイブニングドレスの2つのコスチュームで、全体的な筋肉美を優雅なポージングとともに表現するのが特長。JBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)でも昨年より本格的に採用され、人気急上昇中のカテゴリーになっている。そこに、いち早く照準を合わせフィットモデルを牽引しているのが、田上選手だ。

昨年、日本のオーバーオール女王として初めて挑んだアーノルドクラシックヨーロッパでは、メダルにあと一歩届かず、惜しくも4位。その悔しさから、『来年も必ずまた挑戦し、次こそメダル!』と熱い想いを抱き、カテゴリーへの探求を続けてきた。

見事にリベンジを果たした田上選手は自身のインスタで、『アーノルドクラシックヨーロッパで3位のメダルをついにゲット出来ました!目標達成できて、ただただ、ただただうれしー!みなさん応援本当にありがとうございました』結果報告とともに、喜びの言葉を綴った。

文:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介

ピックアップ記事

関連記事一覧