奈月セナさん

コンテスト womens

“ギュン”と上がったお尻を武器にタレント・奈月セナが健康美コンテストでグランプリ達成!

奈月セナさん8月13日(日)、NEW PIER HALLにてベストボディジャパン主催の『モデルジャパン2023東京大会』が開催され、奈月セナ(なつき・せな/27)さんがミス・モデルジャパン部門、ガールズクラスで見事グランプリに輝いた。ウエストがくびれている細い身体が求められるモデルジャパン部門。細身で全身バランスの取れた身体づくりが重要となるこのカテゴリーで見事グランプリに輝いた奈月さんの強さの秘訣に迫る。

【写真】タレント・奈月セナさんの“ギュン”と上がったお尻

普段はタレント活動をしているという奈月さん。トレーニングを始めたきっかけは写真集撮影に向けた身体づくりだったという。トレーニングを初めてわずか3カ月でグランプリ獲得という驚異的な強さをみせた奈月さんだが、なぜコンテスト出場を目指すことになったのだろうか。

「今大会はいつも指導いただいているパーソナルトレーナーさんの勧めがきっかけでした。思い返すと、最近は挑戦することがめっきり無くなったなと思ったんです。勝負の世界に出て自分を変えたいという気持ちがどんどん高まっていき、出場を決意しました」

今大会がコンテスト初挑戦となった奈月さんだが、出場に向けて筋量やお尻、肩、腕の強化に励んできたという。

「実は昨年は体調不良が続き、痩せすぎてしまったんです。そのため、コンテスト出場に向けた最も大きな課題は筋量の少なさだったので、今回は3部位の強化に励んできました。筋トレだけでなく食事も管理できるようになり、普段は玄米とタンパク質中心の生活を送ってきましたね。食事の勉強も自分で行うようになり、ボディメイク以外の部分でも自分の成長を感じられました」

人生で初めて筋トレを行ったという奈月さん。コンテストに向けた経験はもちろんなく、慣れない筋トレで自身の身体を追い込むことは想像以上に過酷なものだった。そんな中でも無事にコンテストまで走り切った彼女の口からは、筋トレの魅力と周囲への感謝の言葉が溢れた。

「減量は苦しく、想像以上に過酷なものでした。でも筋トレを始めてから、心が明るくなったことを実感できているんです。自分の身体に自信がつくことでファッションに頼らなくなったのも大きな変化でした。そしてなにより、トレーナーさんがいつも励ましながら私のメンタルをケアし続けてくれたおかげで今日の結果があります。感謝の気持ちでいっぱいです」

11月には日本大会を控える奈月さん。早くも次戦に向けて、着々と準備を進めている。

「今大会はグランプリを獲得させていただきましたが、自分の中では緊張から思い通りのポージングができず、悔しい気持ちの方が大きいです。日本大会ではもっと仕上げてこれ以上ない満点優勝を目指します!」

日本大会でもさらなる進化を遂げた肉体美を披露してくれること、間違いない。

次ページ:タレント・奈月セナさんの“ギュン”と上がったお尻

取材:池田光咲 撮影:田中郁衣

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-コンテスト, womens
-, ,