ボディビルディングに新しい価値観を築き上げた男、フランク・ゼーン

ボディビル史の黄金時代を代表する選手のひとりにフランク・ゼーンがいる。彼ほどの選手が他にいるかと問われたら、挙げられる名前はそれほど多くはない。

なぜなら、ミスターオリンピアに3度輝いた彼だが、その偉業は最高峰のコンテストで優勝したことだけにとどまらないからだ。

フランク・ゼーンこそボディビルダーが理想とするシンメトリーの基準を作り、ボディビルディングというスポーツの象徴的存在となった。

フランク・ゼーンは1968年ミスターユニバースでアーノルド・シュワルツェネッガーを破り、優勝したことで名声が広がった。その当時の話や、彼がボディビルをはじめたきっかけ。そして、ボディビルの進むべき道をどのように考えているのか。5月12日(水)発売のアイアンマン6月号に掲載されている。

表紙はフランク・ゼーンの彫刻のように美しいバキュームポーズ。この号の特集は美しいバキューム&腹筋の作り方。

トップボディビルダー須江正尋選手、五味原領選手がバキュームポーズのやり方や練習法を紹介してくれたり、8週間で腹筋を割るための強化プログラムなどが載っている。

▶五味原選手のまるでダビデ像のようなポージングの秘訣はこちらから

また、割れた腹筋づくりには体脂肪燃焼が欠かせない。そのために知っておきたい推奨食材や禁忌食材を学べる記事もあり、腹筋を割るための知識がパッケージされている嬉しい内容。

この夏、腹筋の割れた美しい身体を手に入れたいなら読んでおきたい1冊だ。

IRONMAN6月号はこちら

(文:FITNESS LOVE編集部)

続けてお読みください。
▶アーノルド・シュワルツェネッガーの抗拮筋スーパーセット

大好評!ベンチプレス関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧