イケメンボディビルダー嶋田慶太のカラダを変えたサイドレイズ

イケメン過ぎると話題のボディビルダー・嶋田慶太選手が2019年以降に取り入れて「自分の身体が変化したことを実感できた」4種目を紹介してくれた。そのうち今日はサイドレイズの狙いとポイントを解説。

取材・文:藤本かずまさ 撮影:AP,inc. 、北岡一浩

【関連記事】ボディビル世界チャンピオンがサイドレイズを動画で徹底解説!

サイドレイズ

以前は胸を張らないようシーテッドで行っていたが、肋骨を締めた状態で立ったままでも胸を張らずに肩に効かせられるためスタンディングに変更。スタンスは骨盤の幅。つま先に力が入りやすいので、足裏全体でしっかりと床を踏む。スタートポジションでは背中を広げてダンベルを持ち、初動では股関節の反動を使って挙げていく。挙げたときはアゴを引かずに、正面を向く

初動では股関節を使って振り上げる。ダンベルが30度ほど挙がったら、そこからは三頭筋の力を使ってフィニッシュまで持っていく

膝の反動は使わない。また、戻すときは負荷が抜けないようにネガティブをかけて、ボトムではストンと力を抜いて、また反動で挙げていく

続けてお読みください。
▶イケメン過ぎると話題のボディビルダー嶋田慶太が1年間で顕著に変化した理由

嶋田慶太(しまだ・けいた)
1985年7月31日生まれ。福岡県田川市出身。身長167cm、体重73kg(オン)77kg(オフ)
主な戦績
2014 西日本選手権大会4位、福岡県選手権大会男子優勝、福岡県選手権大会ルーキーズ優勝、福岡県クラス別選手権大会70kg超級&オーバーオール優勝、九州選手権大会優勝
2015 西日本選手権大会優勝
2018 日本クラス別選手権75kg級3位、中央・東アジア選手権75kg級&オーバーオール優勝
2019 ジャパンオープン選手権優勝、日本クラス別選手権75kg級優勝、日本選手権11位
2020 ゴールドジムジャパンカップ・ボディビル75kg以下級2位


執筆者:藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。


 

大好評!テストステロン関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧