トップボディビルダー・嶋田慶太が、身体の変化を実感したデッドリフトとは?背中の筋肉の厚みをつける

最後に、嶋田選手が2019年以降に取り入れて「自分の身体が変化したことを実感できた」デッドリフトを紹介。その狙いとポイントを解説してもらった。

取材・文:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩

▶嶋田慶太選手の衝撃ビフォーアフター写真はこちら

デッドリフト

昨年のジャパンカップ以降、バックポーズの厚みの必要性を感じて取り入れた種目。ノーベルトで行う。スタートの時点で広背筋を収縮させ、その状態でスタンスを決めてバーを保持して引いていく。フィニッシュで膝、股関節をロックして立ち切ってしまうと広背筋から意識が抜けるため、膝も股関節も緩めたまま広背筋の収縮を維持する。「フィニッシュで力を入れる→ボトムで力を抜く」という動作ではボトムで切り返して立ち上がったときに背中から力が抜けたままになってしまうので、広背筋はずっと収縮させておく

スタートポジションの作り方。バーの前でしゃがんだ段階で胸郭を上げ、肩甲骨を下制して広背筋を収縮させる。そのまま下半身のスタンスを決めてバーを持つ。手幅は「気をつけ」ほどの幅

続けてお読みください。
▶ベンチプレス、スクワット、デッドリフト、筋トレに必要な「BIG3」をフォームから徹底解説

嶋田慶太(しまだ・けいた)
1985年7月31日生まれ。福岡県田川市出身。
身長167cm、体重73kg(オン)77kg(オフ)
主な戦績
2014 西日本選手権大会4位、福岡県選手権大会男子優勝、
福岡県選手権大会ルーキーズ優勝、福岡県クラス別選手権大会70kg超級&
オーバーオール優勝、九州選手権大会優勝
2015 西日本選手権大会優勝
2018 日本クラス別選手権75kg級3位、中央・東アジア選手権75kg級&オーバーオール優勝
2019 ジャパンオープン選手権優勝、日本クラス別選手権75kg級優勝、日本選手権11位
2020 ゴールドジムジャパンカップ・ボディビル75kg以下級2位


執筆者:藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。

大好評!ボディビル世界王者から動画でトレーニングを学ぶ

ピックアップ記事

関連記事一覧