【動画】ボディビル世界王者・鈴木雅が細かく解説「しっかり割れた腹筋を作る家でもできるダンベルを使ったクランチ」

腹筋は比較的簡単に意識できる筋肉で、それを鍛え上げたら割れるのは周知の事実。しかし、このコロナ禍の中で、デスクワークが増えたり、動く機会が減ってしまった今、腹筋が緩んでお腹がポチャッとしてしまっている人は多いだろう。そんな悩みを解決すべく、今回はボディビル世界王者に輝いた鈴木雅選手が、ダンベルを使った家でもできるしっかり割れる腹筋トレーニングを徹底解説!

文:FITNESS LOVE編集部

【オススメ関連動画付き記事】【動画】ボディビル世界王者・鈴木雅が細かく解説「カッコいい背中を作るダンベルを使ったベントオーバーロウイング」

〈前置き解説〉今回行う腹筋のトレーニングは、ダンベルを使用することにより負荷をかけるダンベル”クランチ”だ。ダンベルの重さは無理のない範囲で扱おう! またクランチは”シットアップ”(一般的に言われる膝を曲げた状態で、股関節支点で行う腹筋トレーニング)ではない。

スタートポジション

1.床(地面)にひざを曲げた状態で座る。

2.ダンベルを胸に抱える。

3.上半身をゆっくりと寝かせ、脚を上げ、ひざより下を床と水平にする(ひざの角度は90度くらいが目安)。

・ワンポイント:下にヨガマット、タオルなどを敷くと、身体が滑りにくくトレーニングを行いやすくなる。

動作方法

1.胸にダンベルを抱えた状態で、おへそから上をあげる(おへそを覗き込むように意識して、遠くに息を吐くようにして上体を上げる)。

2.ゆっくりと戻していく。その際、息を止めた状態で1秒くらいかけて戻していくと腹筋への刺激を感じられやすい。※無理に止めない。

実際に動画をチェックしてみよう!

カッコいい腹筋を極めるならこれ!▶【特集】夏までに腹筋を割る

 

筋トレで人生が変わった特集!

ピックアップ記事

関連記事一覧