ジュラシック木澤がこだわる分厚い背中をつくるトレーニング2種目!

日本屈指のバルク派ボディビルダー木澤大祐選手のこだわり種目とそのポイントを解説。ここではロウイング系2種目を紹介する。

取材・文:木村卓二 撮影:上村倫代

背中全体をオールアウトさせる
Tバーロウ

背中全体の縦方向・横方向ともにストレッチおよび収縮をフルに使う。軽い重量で行い、収縮で2秒止めるような意識。背中の種目の後半におすすめ。なお、腰に不安がある方は避けたほうがいい種目だ。

広背筋下部狙いの
ノーチラス・コンパウンドロウ

広背筋下部をターゲットにする場合の方法。アンダーグリップで引くと、同様に肩甲骨周辺に入りやすくなるので、オーバーグリップのまま引く。背中を丸めると、肩甲骨周りばかりがストレッチされるので、引くときも戻すときも、背中は立てたままにする。

グリップについて

続けてお読みください。
▶筋トレ初心者必見!ボディビル世界王者が解説する「使用重量アップのタイミング」「トレーニングを続けるためのコツ」などの考え方

きざわ・だいすけ
1975年1月9日生まれ
身長:170cm 体重:82㎏(オン)92㎏オフ「ジュラシック木澤」のニックネームで親しまれる日本屈指のバルク派ビルダー。日本選手権には16年連続出場。2017年、名古屋市内に「ジュラシックアカデミー」をオープン。
主な成績
1995●日本ジュニア選手権優勝
2003●ジャパンオープン選手権優勝
2008、2019●日本選手権4位
2014、2015、2019●日本クラス別選手権85㎏級優勝


執筆者:木村卓二
TVディレクター、記者として活動。複数言語に通じ、「究極のトレーニング」を求め、研究と取材に勤しむ。有資格パーソナルトレーナーとして、格闘家などへの指導も行う。

大好評!田代誠選手の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧