【筋肉増量飯】オフは油ものや炭水化物の量が増え、お酒も飲むので、自然に10㎏ほど増えます=山田幸浩

「デカくなりたい!」ボディビルダーはもちろん、ウエイトトレーニング愛好家なら一度はそう思ったことがあるに違いない。体重が競技のパフォーマンスに直結するコンタクトスポーツのアスリートも同様ではないだろうか。そこで日本ボディビル選手権トップ12人に、過去最も体重が増えたときの食事法、そして大会シーズンが終わった“オフ”である現在の食事についても聞いてみた。体重が増えにくいトレーニーや、これから身体を大きくしたいアスリートはぜひ参考にしていただきたい。

取材・文:アイアンマン編集部


アンケート項目①生年月日/②身長・体重/③最も体重が増えたときの食事内容/④体重の推移/⑤最も体重が増えた時期

①1970年8月25日

②169㎝/87㎏

③無理に体重を増やすことはしていませんが、オフは油ものや炭水化物の量が増え、お酒も飲むので、自然に10㎏ほど増えます。食事は主食、主菜、副菜、汁物がベースです。減量期は主食や調理する際の油の量などが減り、主菜や副菜の量が増えますが、オフはそのバランスが逆転します。

④77㎏(オン)→87㎏

⑤ボディビルを始めてから現在まで、除脂肪体重は徐々に増えながらオンオフで10㎏ほどの増減を繰り返しています。

鶏肉350gとキャベツのニンニクバター炒め、煮豆(黒豆)、みそ汁(白菜、人参、小松菜、長ネギ、シイタケ、エノキダケ、油揚、ワカメ)、五穀米、お茶。
一日を通して、『ま・ご・わ・や・さ・し・い』をキーワードにバランスの良い食事を心がけている。
【ま→豆類、ご→ごま、わ→ワカメ・海藻類、や→野菜類、さ→魚(動物性蛋白質)、し→シイタケ・きのこ類、
い→芋類】


山田幸浩(ヤマダ・ユキヒロ)1970年8月25日生まれ/愛知県出身/169㎝/88㎏(オフ)・78㎏(オン)
主な戦績:
2007年東京クラス別75㎏級優勝、関東クラス別75㎏級優勝、2008年ジャパンオープン優勝、関東選手権優勝、2009年東京選手権優勝、2010年日本クラス別80㎏級優勝、2011~2013年日本選手権4位、2014年日本選手権3位

もうすぐ増量シーズン到来!

ピックアップ記事

関連記事一覧