【家で筋トレ】コロナ禍トレーニング応援企画!あなたのこだわりホームジムを見せてちょうだい!

昨年からのコロナ禍の状況の中、ジムに行くのはリスクがあって行けないという方も多いのでは。また、外に出る機会もなくなって“コロナ太り”に悩んでいる方もいるはず。今回から数回にわたり、自宅でいつでも好きな時間に、周りの目を気にすることなくトレーニングに打ち込める、こだわりのホームジムを紹介していこう。実際にホームジムを作り、トレーニングを行っている方にインタビューを行った。(アイアンマン2015年2月号「こだわりのホームジム紹介」から修正引用)

取材:アイアンマン編集部 写真:H・H

限られた時間を有効活用し、ゴルフのクラブチャンピオンに

ホームジムを導入された経緯を教えて下さい

1年前にホームジムを導入するまでは、スポーツクラブに家族で入会してトレーニングを行っていましたが、仕事で時間が限られることや、マシンの順番待ちなどはどうしても避けられず、ホームジムを検討しました。

実際に導入されていかがでしたでしょうか

スポーツクラブに通う往復の時間が無くなることはもちろんですが、忙しい時に少しの時間だけでもトレーニングを行えることが魅力的と感じています。スポーツクラブに行くとなると、まず時間がかかりますし、「せっかく時間をかけて行くのであれ
ば、出来る限りしっかりトレーニングをしよう」となるため、結局ある程度まとまった時間を捻出する必要があります。
しかし、ホームジムなら少しでも空いた時間があればトレーニングに充てられるため、今までなら諦めていたようなシーンでもトレーニングを行う事が出来ますから、総合的に効率が良くなったと感じます。

関西の名門ゴルフクラブでチャンピオンになられたとのこと、ホームジムの効果はありましたか?

実は、このところ仕事が忙しく、ゴルフの練習自体はあまり出来ていませんでした。練習量でいえば、トーナメントを戦った方々の方がよほど多かったと思います。ただ、練習の時間が限られるからこそ、限られた時間でしっかり効果を上げられるよう、フィジカルのコンディションだけはキープするために、時間を見つけてトレーニングをしっかり行っていました。今思えば、それが逆に良かったのかもしれませんし、恐らくスポーツクラブに通っていたままだったらチャンピオンになることは出来なかったと思います。

お気に入りのマシンがあれば教えて下さい

ケーブルマシン(TUFFSTUFF MFT–2700) は特に気に入っています。ゴルフに必要な体幹のあらゆるトレーニングが行えます。知り合いのフィットネスインストラクターが遊びにきた時も、このクラスのマシンが自宅にあることに驚いていました。
また、主に家族が使用しているのですが、複合マシン(TUFFSTUFF AXT‒5) も非常に良いと思います。こういった様々な種目を詰め込んだマシンは一部の種目に無理があることが多いと感じますが、このマシンについてはほとんどそれが見られず、良いトレーニングが出来ています。

導入機種:RSM-600 ベーシックスミスハーフケージ、RDM-400DXマルチパーパスベンチ、MFT-2700 ファンクショナルトレーナー、AXT-5マルチエクササイズトレーナー(以上すべTUFFSTUFF社)、OBX-20最高級パワーリフティングバー、SDKRラバーセットダンベル(以上すべIVANKO社)、トレッドミルT5、X8エリプティカル・クロストレーナー、C3ライフサイクル・アップライト(以上全てライフフィットネス社)、他多数

ホームトレーニング特集

ピックアップ記事

関連記事一覧