【ダイエットがボディビル優勝のきっかけ】東京の60㎏級2連覇、バランス最強の男が現れた!

ボディビル、それはスポーツでありアートだ。どんなに鍛えてきた筋肉が大きくても、脂肪がそぎ落とされていて絞れており、全身のバランスが良くなければ勝てない。それに加えてポージングや表現力が重要になる。東京には小柄ながらも、それを一切感じさせないボディビルダーがいた。そしてなんと、日本屈指の選手が集う東京の60㎏以下級という軽量級で今年2連覇を果たしたのだ。その名は屋良一紀。今回はそんな屋良選手のトレーニングとの出会いと、これからの動向を聴いた。

取材・文:月刊ボディビルディング編集部 写真:中島康介

2021年東京ノービス選手権60㎏以下級&東京クラス別選手権60
㎏以下級優勝 屋良一紀選手

東京のボディビル60㎏級で2連覇達成の新時代プロポーションビルダー

トレーニングを始めたきっかけは、もともと痩せてる体型だったんですが、運動を止めてから太ってきてしまい、痩せるためにトレーニングを始めた感じです。その後、ボディビルをやり始めたきっかけといたしましては、当時「焼き鳥どん」という飲食店で働いていたのですが、オーナーの日垣宏彰さん(現ベンチプレス東京都記録保持者)と出会い、「どうせジムに通って痩せるなら、ボディビルをやってみれば?」と言われ、サプリメンテーションや栄養学を教えてもらいました。

トレーニングのやり方や食事の取り方など、さまざまなことに関しては、自分が通ってたジムで信田泰弘さん(パワーリフティング2019茨城国体優勝者)に出会い、いろいろとアドバイスをいただいたりしました! ということで、このお2人方には感謝してもしきれないほどです。なので、このお2人方には自分が頑張って成長して、「優勝」という形で結果を残していくのが、自分からの最大の恩返しだと思って今まで頑張ってきました。そしてもちろんこれからも頑張ります。

現在のトレーニング内容としては、6 分割で背中・腕・胸・脚・肩・腹筋+弱点部位を行った後オフって感じです! どの部位もそうなんですが、重量(重いもの)にこだわってトレーニングしています! あと、トレーニング前にアクティベーション
トレーニングだったり、アップをだいたい15~30分くらいやって、身体の状態を整えてからトレーニングを行います。特に、サンクト・ジャパンさんのコンプレフロスというツールを多用しています! ケアだったり、トレーニング前のパフォーマンスアップだったりと万能で、トレーニング以外でも常に持ち歩いて使っています(笑)。

信田さんがサンクト・ジャパン公式アスリートとして活動されていて、コンプレフロスを使わせてもらったら、めちゃくちゃ体感が良かったのと、トレーニングをするための準備(パフォーマンスを上げる)ことはめちゃくちゃ大事だと教わりました。そのため、コンプレフロスはめちゃくちゃ有能なツールということで使わせてもらっています。使い始めてから、ケガをすることがなくなり、トレーニングの質がかなり向上した感覚が得られています! なのでめちゃくちゃオススメです。ちなみに信田さんのSNSにも書いてありますが、サンクト・ジャパンで購入する際の割引クーポンコード「SJYSHIDA」で安く買えたりします(笑)。

また、減量方法については、基本的にローファットの食事を取ります。前に、ケトジェニックでの減量も取り入れたことがあるんですが、筋肉が張らないのと、トレーニングで重量が持てなくなって残り1レップが粘れなくて挙がらず、強度が保てなくなったので、今はローファットにしています。ただ、たまに体重の落ちが停滞したときに、2日間くらいやるとき
もあります。

自分は減量幅がデカくて、だいたい10~15㎏くらい減量するので、減量期間は5~6カ月くらいを設定しています。有酸素運動に関しては、最初からやらずに減量末期に絞りきれないところで取り入れるようにしています。最初からやり過ぎると頭うちになって、次の手がなくなってカロリー削って……、代謝が下がって絞れないという悪循環になるので、なるべくもったいぶってやるようにしています。トレーニングやボディビルに出場するにあたって、家族から反対されることはありません。逆に応援してもらっていて、たまに一緒に食事するときは、気を使って脂身の少ない肉などを出してきてくれたりしています(笑)。

今年行われた、東京ノービスボディビル選手権、東京クラス別ボディビル選手権ともに目標は優勝だったので達成できて良かったです。それに続き、今度は日本クラス別ボディビル選手権に出場しようかと思っています。次の日本クラス別ボディビルも全力で頑張りたいと思います。また、その先の目標、身近な目標といたしましては、東京ボディビル選手権のファイナリストになれるよう頑張ろうと思います。そして、ゆくゆくは東京ボディビル選手権優勝、日本ボディビル選手権のファイナリストになれるよう頑張っていきたいですね。


屋良一紀(ヤラ・イツキ)
1991 年11 月20 日生まれ/ 30 歳/沖縄県出身/身長:160㎝/体重:59.6kg(オン)・75kg(オフ)/職業:トレーナー/憧れの選手:田代誠選手/好きな食べ物:いちご/嫌いな食べ物:貝類/トレーニング以外の趣味:スニーカー集め/大会入賞歴:2021 年東京クラス別ボディビル選手権60kg 級優勝、2021年東京ノービスボディビル選手権60kg 級優勝、2019 年北区オープンボディビル選手権4位入賞

ピックアップ記事

関連記事一覧