日本人として初めてのカテゴリーで世界4位に入賞した正統派ボディビルダーの筋肉ダイエット飯公開

減量には欠かせない食事やサプリメントの1日の摂り方をトップ選手20名からアンケート取材した。選手によって減量期間や減量幅が違うだけでなく、食事内容や調理法のこだわりなども様々。トップ選手たちのハードなトレーニングはマネすることができなくても食事やサプリの摂取方法は取り入れることができるだろう。今回は、2021年ジャパンオープン選手権クラシックフィジーク優勝、IFBB世界選手権クラシックフィジーク171㎝以下級4位に輝いた、五味原領選手のダイエット筋肉飯を紹介。

取材・文:アイアンマン編集部

ストレスを溜めないために食事の時間は決めない

◆減量期間約5ヵ月

◆減量幅80㎏→67~70㎏

–:–

グルタミン15g (起床時)

–:–

脂質0のカレー/白米300g/マルチビタミン/ビタミンB/ビタミンD/オメガ3

–:–

チロシン3g(トレーニング前)

–:–

CCD60g/BCAA30g/クレアチン5g(トレーニング中)

–:–

プロテイン60g(トレーニング後)

–:–

鶏胸肉約300g/白米300g/卵1個/マルチビタミン/ビタミンB/αリポ酸/オメガ3

–:–

鶏胸肉約300g/さつまいも300g/卵1個/マルチビタミン/ビタミンB/オメガ3

20:00

プロテイン60g

22:00

プロテイン30g

–:–

グルタミン15g(就寝前)

減量食のポイント

食事の時間を決めてしまうと守れなかったときにかなりストレスを感じてしまうので、タイミングや時間は決めず、食べれるときに食べてストレスを感じないように工夫しています。このスタイルに変えてから減量がうまくいくようになりました。食事内容は大きく変化しないようにしていますが、基本的にストレスを溜めないことを最優先にしているので食べたいものがあれば食べられる範囲で食べるようにしています。


五味原領(ゴミハラ・レイ)
1997年12月26日生まれ/23歳/東京都出身/職業:パーソナルトレーナー/身長169.5cm 、体重 オン65~70kg ・オフ85~ 90kg/好きな食べ物:なんでも/嫌いな食べ物:特になし/憧れている選手:フランク・ゼーン/トレー二ング以外の趣味:リトルトゥース(ラジオ番組)
主な戦績:

2021 IFBB世界選手権クラシックフィジーク171㎝以下級4位
2020 ゴールドジムJAPAN CUP 、クラシック
フィジーク -175 優勝&オーバーオール優勝、
ボディビル -65 準優勝
2020マッスルゲート石川クラシックフィジー
ク -175 優勝&オーバーオール優勝、 ボディ
ビル -75 準優勝
2019 IFBB 世界 jrボディビル選手権9位
2019 JOC 全日本 jrボディビル選手権優勝
2019 全日本学生ボディビル選手権準優勝
2019 関東学生ボディビル選手権準優勝
2018 北区ボディビル選手権ボディビル-170 優勝、ボディビルニューカマー優勝
2018 全日本学生ボディビル選手権 3位
2018 関東学生ボディビル選手権 4位

ピックアップ記事

関連記事一覧