つい食べてしまう!?感情の空腹に打ち勝とう 要因編

食事についての悩みを抱えている人たちは大勢いて、特に多いのが「クレービング」と呼ばれる状態だ。クレービングとは「渇望」のことだ。この感覚が湧き起こると、いてもたってもいられなくなり、渇望した食べ物を食べなければその感覚から逃れることができなくなる。そんな欲求が突然現れるから、減量食を開始しても続けられず、その時点で断念してしまうという人が多いのだ。 どうしたらこの渇望を抑制することができるのか。どうすれば最初から最後まで減量食を続けられるのか。今回は食べ物における渇望とどう向き合えばいいのかについて解説していきたい。

「食べたい」という気持ちになったとき、必ずしもそれを我慢しなければならないというわけではない。なぜなら、その感覚には意味がある場合もあるからだ。例えば、その渇望が体が発するシグナルだとしたらどうだろうか。渇望感が湧くのは、ホルモンに異常があるからかもしれないし、特定の栄養素が不足しているからかもしれないのだ。渇望に対しては、我慢するだけではなく、うまく対処することが必要な場合もある。もちろん、欲求のままに飲み食いしてはいけないが、徹底的に抵抗しようとするから失敗してしまう。ここで必要なことは、うまく付き合って対応することなのだ。

「肉体の空腹」と 「感情の空腹」

食べたい! そう思うのは、感情からきている場合と、本当に体が食べ物を求めている場合とに分けられる。例えば私はこの数年、以前に比べると食事量が増えた。ところが、数年前に比べると体重は決して増加していない。よくよく分析してみたところ、食事量が増えたころから私はトレーニングの指導をするようになったのだが、それによって私の1日の運動量は増加していたのだ。実際、指導日とオフ日の運動量を比較するために万歩計を付けて過ごしたところ、指導日の平均歩数は1万5千〜1万7千歩で、オフ日に比べると はるかに多かったのだ。 つまり、運動量が増えたことで私の体はそれまでよりも多い食事量を「要求」していたわけだ。それが私の「食べたい」という渇望感に なっていたのである。もしこれを 我慢していたら、おそらく筋肉が失われていたに違いない。 一方、カロリーの消費量と摂取量のバランスが十分に取れている にもかかわらず、食べたいという渇望が湧く場合もある。十分な栄養が摂取できる食事をしているにもかかわらず、食べたい欲求が強いときは、それは本当の空腹がも たらす欲求ではないことを知っておいたほうがいい。ただ単に甘いものが食べたい、脂っこいものが食べたい、塩気のあるものが食べたいというのは空腹感を装うただ の感情なのだ。 『マインドレス・イーティング』 の著者であるブライアン・ワンシ ンク博士によると、肉体が示す空 腹感は緩やかに感知され、そのうち腹が鳴るようになり、時間の経過とともに強まっていく。

本物の空腹感を経て食事をすると、非常に強い満足感が得られるものなのだそうだ。 一方、肉体的には空腹ではないのに、食べたい欲求が湧くのは「感情の空腹状態」であると言える。感情の空腹状態は、肉体の空腹状態 と異なり突発的に湧いてくる感覚だ。しかも食べないうちから食べ たいものの味が口中に広がり、実際にそれを食べても満腹感が得られなかったりする。 本当に空腹なのかどうか、ただの感情がもたらす空腹なのかどうか、どちらとも判断がつきにくいというときは、次のテストをしてみるといい。このテストは博士が「ヘルシーフード実験」と呼んでいるもので、被験者は空腹状態のときに、健康的な食べ物と特定の食べ物のどちらが食べたいかを自問するのだ。例えばホウレンソウ、タマネギ、トマト、ピーマンなどが入ったオムレツとドーナッツを比較する。後者より前者が食べたいと思えば、それは本当の空腹にあると判断できる。逆に、ドーナッツが食べたいと思えば、それは感情からくる空腹感なのだ。

次ページでは空腹が具体的にどのようなときに感じるのかを紹介する

ピックアップ記事

関連記事一覧