世界王者鈴木雅選手が教える大胸筋トレーニング「ハンマーストレングスのチェストプレスの効果的使用法」

ジムエリアに所狭しと並べられているトレーニングマシン。トレーニーならば初めて行ったジムで初めて見るマシンと出会った際にはわくわくするもので、それはまるで大人の遊園地のよう。しかし、マシンの特性を理解し、正確に使いこなしている人はどれほどいるだろうか。「どのように使えばいいのかよく分からない」「使ってみたけど負荷が抜ける感じがする」「軌道が体のサイズに合わない」などなど、ここではマシンに関する疑問の数々を鈴木選手が解決。トレーニングマシンの使いこなし術を解説していく。今回はマシンそのものの総論と胸のトレーニングにおける活用法についてだ。

材:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩

世界王者・鈴木雅選手が教えるハンマーストレングスマシン使い方講座『胸』編

◆第5回 ハンマーストレングスのチェストプレスを使いこなす◆

シートの高さについて

ハンマーストレングスマシンのシートの高さ調整

シートの高さは、狙いたい部位がストレッチされる高さに合わせる。ハンマーストレングのチェストプレスの場合、大胸筋中部の上の部分がストレッチされる高さにシートは設定する。しっかりと骨盤を立てて座り、頭は起こしすぎないように。

足幅について

ハンマーストレングスマシン使用時の脚幅について

ハンマーストレングスやノーチラスのマシンはシートが大きく、高重量を扱おうとして足を開いて床につけると肋骨が開き、フィニッシュでの収縮が弱くなってしまう。足を閉じ、大腿をマシンに乗せて座るようにする。

手幅について

ハンマーストレングスマシン使用時の手幅について

手幅の位置は肩関節が窮屈にならずに、大胸筋中部が自然にストレッチされる広さに。手幅が広すぎると肩を痛めてしまう危険性も。目安としては、上腕が体に対して垂直になるくらいの幅。ハンマーストレングスのチェストプレスはハンドルが「ハ」の字の形状になっており、胸を開きやすいのも特徴だ。

グリップについて

ハンマーストレングスマシン使用時のグリップについて

ハンドルは親指を横に開いた「サムアップグリップ」で持つこと。マシンの軌道と上腕の位置を合わせるためにはこのグリップがよい。サムレスグリップだと、ハンドルが「ハ」の字になっているため手首が返りやすくなってしまう。また肘をたたみやすく、上腕三頭筋に効きやすくなる。オーバーグリップで握り込むと、肩に力が入りがちになる。


鈴木 雅(すずき・まさし)
1980年12月4日生まれ。福島県出身。身長167cm、体重80kg ~83kg。株式会社THINKフィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2010年からJBBF日本選手権で優勝を重ね、2018年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。DMM オンラインサロン“ 鈴木雅塾”は好評を博している。


執筆者:藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。

鈴木雅選手が教える大胸筋トレーニング基礎

ピックアップ記事

関連記事一覧