連戦をものともしない女子筋肉界トップランカー吉川千周「来年は女子フィジーク一本に絞る」

数多くのドラマが見られた昨年の日本選手権。選手たちはどのような思いで、あの日のあのステージに上がったのか。ここでは男子ボディビル、女子フィジークの各2位から12位までの選手を単独取材。感動の舞台裏に迫る。

女子フィジーク界でも大きな筋肉を武器に闘える吉川千周選手

取材:藤本かずまさ 撮影:中島康介

2021年女子日本フィジーク選手権大会9位・吉川千周「今の私にとってはとても十分な結果です」

2019年にボディフィットネスでデビューさせていただいたのですが、女子フィジークのほうが向いていると周りの方からお声をいただき、そこから急きょ女子フィジークにも出場するようになりました。2019年は大阪選手権で優勝させていただき、まだまだ未熟であるのは分かっていましたが、次年度に向け日本選手権がどういうものであるか経験しておきたかったので、思い切って出場してみました。結果は当然のことながら予選落ちでしたが、ドーピング検査を受けることになり(苦笑)、それもいい経験の一つになりました。
そこではトップ選手の方々の身体を初めて間近で見ることができ、絞りがものすごいと思い、「来年は予選通過できるぐらいの身体を作ろう!」と思いました。今年は初戦のボディフィットネスに舞台練習のため、ポージング練習もままならない80%ほどにもいかないコンディション状態で出場し、3人中3位という結果になり、とても恥ずかしい思いをしました。こういう状態で出場するのは、お客様に失礼だと反省し、いろいろ考え、女子フィジークの西日本選手権の1週間前からポージング指導を受けることになり、準優勝することができましたが、まだまだ絞りは甘かったです。
その後はオールジャパン、日本マスターズ、グランドチャンピオンシップス、日本選手権と女子フィジークとボディフィットネスの交互の連戦になりました。コンディションは試合を重ねながら徐々に上がっていき、結果的にボディフィットネスよりも女子フィジークのほうが良い成績を残せました。周りからもボディフィットネスは向いていないと声をもらい、自分自身もそのことを認識したような気がしました。日本選手権の9位という成績はすごくうれしかったです。今の私にとってはとても十分な結果です。ただ、前回のファイナリストの方があまり出ていなかったので、次は皆さんが出場されてもファイナリストになれるような身体を作っていかないといけないと思っています。
今年は女子フィジーク一本に絞って取り組んでいくつもりです。課題としては大円筋とウエスト周りを含めてまだまだあります。また一番の課題はポージングです。 今年は自分の筋肉をポージングで最大限にしっかりと見せられるようにしたいと思っています。

次ページ:筋肉の密度、大きさが輝く吉川選手の肉体【写真】

おすすめトップ女子アスリート記事

ピックアップ記事

関連記事一覧