筋トレ歴1年でビキニコンテストに挑戦「お尻が気になるので上がれ上がれ!と呪文をかけています」

コンテストの舞台裏

ビキニを披露

2月26日(土)、兵庫県・西宮市民会館アミティホールにて『マッスルゲート関西新人戦』が行われた。昨年より『新人戦』が新設大会として開催された。トレーニングを本格的に始めたのは1年前だという西畑幸江選手がビキニ35歳以上160㎝超級に出場し優勝した。トレーニングを始める前のビキニも見せてくれた。「まだまだ未熟者」だと語った西畑選手にトレーニングメニューや食事について伺った。

【写真】ポージングを披露

マッスルゲート関西新人戦
ビキニ35歳以上160㎝超級優勝
西畑幸江選手

トレーニングを始める前の西畑幸江選手――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
「コロナでそれまでやっていたスポーツができなくなったので、今、何ができるかと周りを見回したらボーリング、ゴルフ、ロードバイク、ビリヤード、ジムが身近にあり、1番ハマったのが筋トレだったんです」

――いつからトレーニングを始めましたか?
「入会は2年程前になりますが、途中で抜けたので実際は1年ちょっと前からになります」

――トレーニングのメニューはどのように行っていますか?
「まだ、詳しく自分に合った効率性はわからないのですがそのときに気になるところをやっていて、特にお尻を中心に肩、腕、胸、などを限られた時間内にできることをしています」

――トレーニング中に意識していることを教えてください。
「お尻が1番気になるので、上がれ上がれ!と呪文をかけながらしています」

――自慢の部位とそのトレーニングを教えてください。
「これから頑張って自慢を作っていきます!」

――トレーニングをしていて良かったと感じることはありますか?
「面白い!こんなにハマるとは思わなかった!なぜこんなに笑う場でもないのに楽しいんだろうと考えると、目に見えて少しづつでもボディが変わっていくことと自分に合ったペースでできることだと思いました。そして、ボディがかわるとポジティブになることです。もっと頑張れる!とかもっと綺麗になりたい!とか、何よりも目標を持てること。周りに真っ直ぐで一生懸命な見本の方々もいることかな?と思います」

――トレーニングで辛かった経験などありますか。
「まだ、未熟者で軽めの自分なりにですが、何回を何セット、という場合、重量を上げて、前回より増やしたら終わりにし、『1回でナイスバディになるぞぉ〜!』と言い聞かせながら、10回位やっています。でも、決して無理しない、しんどい時はやめる、です」

――普段から食事なども工夫していますか?
「先輩方から聞いて高タンパク・低カロリーと野菜中心で摂ってます。でも、甘い物も避けられません」

――普段摂取しているサプリメントはありますか?
「ゴールドジムの方に勧められてそちらのビタミンかグリコのプロスペック クレアチン 、ビタミン、アミノ酸、鉄分などを摂ってます」

――減量やバルクアップで意識していることは?
「減量中はバランス良く食べる、食べたら動く、夜食べないだと思います。バルクアップはまだあまり分かりません」

――大会に出場するようになって周囲の反応や反響はどのようなものでしたか?
「周りの方にあまり言ってませんが子ども達や親しい方は褒めて下さいます。いろんな見方をされていた自分が、コンテストの結果により高評価される。というのがそれまでの努力がみられたようで嬉しいです。そしてさらに中からも外からも綺麗になって『びっくりさせよう!』『頑張ろう』と思えます」

――お気に入りのトレーニングアイテム?
「腹筋ローラー」

――憧れている、目標にしている人はいますか?
「安井ゆり選手(講習会でお会いしてから内面と外見の美しさに感動し、それ以降、色々と励みになります。)あと、色んな大会で勝ち抜いた方々の同年代のプロフィールやコメントは私もやってみたい!と共感でき、背中を押してくれます」

――次の目標を教えてください。
「 毎日、みんな、いろんなことがあり、やっていく生活の中で筋トレの時間を作る。頑張ってこなしていく。それはいつもいつも簡単なことではないかもしれませんが、楽しみながらやる方法の1つとして『夢を持つ!』『目標を持つ!』、『前の自分より綺麗になる!』です。前回よりも1個でも少しでもできるようになったら良いですね。舞台の写真や動画はホントに観られないくらい恥ずかしいですが、いつか恥ずかしくならないように!と思います。常に前へ前へ、という気持ちで目標を掲げています」

(取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介)

次のページ:ビキニを披露

ピックアップ記事

関連記事一覧