トレーニング mens

【筋トレ ビフォーアフター】やせ型から彫刻ボディに劇的変化

小学生の頃、アニメや映画を観て「強い身体」に憧れた岩井柾讓(いわい・まさのり/25)さんは、大学入学とともにトレーニングを開始。身長175cmに対して体重56kgという『やせ型』の岩井さんだったが、現在はボデイコンテストに挑戦するほどに仕上がった。

【アフター写真あり】まるで彫刻!変身した現在の岩井さん

「小学生の頃に『ドラゴンボール』と『ワイルドスピード』という作品に出会い、この2つの作品に登場する人物たちのかっこいい身体に憧れていたのがきっかけです。大学入学と同時にトレーニングを始めましたが、当初の私はかなりのやせ型で、爆発的に大きい筋肉を付けるためには、どの種目も重量を伸ばしていくことが第一だと考え、まずは体重を90kgまで増やし、扱える重量を上げていきました」

扱える重量が上がり筋肉が増量したことで自信をつけた岩井さんは、大会出場を目標に減量を開始。食事制限に加えて有酸素運動も行い、普段もできるだけ徒歩移動や階段を使うことで1日の活動量を増やした。さらに、トレーニングでは減量中でも重量を落とさず、むしろ上げていくことにこだわったという。

「食事は自分の活動代謝量と1日の摂取カロリーからPFCバランスを設定しました。また、忙しいときは『ジャイアントセット』や『スーパーセット法』などの時短トレーニングをしています。普段と違うトレーニング法を用いると、気づかなかった点にも気づくことができます」

挫折せずにトレーニングを継続するコツとして「数字にとらわれないこと」だと話す岩井さん。体調によって体重も変動するが、一喜一憂せず長い目で見てコツコツと続けていくことが重要だ。

「体重計や体組成計の数字にメンタルを左右される方が多く見受けられる気がしています。1日や2日で数字は変わらないので、あまり気にしないのがいいと思います」

昨年はゴールドジムJAPAN CUPにも出場したが、思うような成績に至らなかった岩井さん。大会優勝を目標に今後もトレーニングを続けていきたいと話す。

「トレーニングを始めてから、初対面の方とコミュニケーションが円滑にとれるようになりました。体型についてイジってもらえる機会が増えて、会話の糸口になります。その場が少し盛り上がていくのが楽しいです(笑)」

次のページ:まるで彫刻!変身した現在の岩井さん

取材:FITNESSLOVE編集部

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-トレーニング, mens
-, ,