トレーニング器具の耐荷重表記は本当に信用できるの?

カッコイイホームジムを検討しているときに、大型で高重量を扱うパワーラックなどのトレーニングマシンを置きたいと思うだろう。気になるのが、器具に表記されている耐荷重の表示だ。トレーニングマシン自体が高重量な上に、更にバーベルを置いたり、負荷をかけたりしても本当に大丈夫なのだろうか。
この耐荷重表記についてホームジム製品を販売しているフィットネスショップに聞いてみよう。

【監修:フィットネスショップ】


トレーニング器具の耐荷重表記は信用できる?という質問にお答えします。

パワーラックのような高重量を扱う器具の場合、耐荷重の表示は気になるものです。例えば「耐荷重500kg」と謳っているパワーラックがあったとして、普通であれば「自分は500kgのバーベルは扱わないから問題ないだろう」と考えますが、耐荷重の表記は静止状態での数字であることがほとんどです。「静止状態での耐荷重」とはつまり、「ラックに置く事ができる重さ」であり、「トレーニング動作をしながら(=多少でも勢いをつけながら)バーベルを置いても心配がない」ということではありません。

加えて、トレーニングマシンの耐荷重については明確な定義がなく、基本的にはメーカーが自ら設定した数値です。メーカーによっては強気の数値を設定するところもあれば、慎重な表記に留める場合もあり、おおよその参考にはなるものの、「耐荷重の表記=マシンの強度」と鵜呑みにはできません。あくまでマシンの構造や製造の精度、材料など本質的な部分を見極めて頂くことをお勧めします。


耐荷重の表記=マシンの強度ではないようだ。負荷を気にしながらでは高重量のトレーニングが身に入らないだろう。フィットネスショップでは、専門スタッフがホームジムの作り方のポイントをアドバイスもしてくれる。フィットネスクラブ専門店を運営する実績があるため、安心だ。

※この記事は「フィットネスショップ総合カタログ2020」に掲載したものです。

お問い合わせ フィットネスショップ 0120-46-4681

 

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧